ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アンジェリーナ・ジョリーのディズニー悪女が再現度高すぎ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【関連:米女子大のパンイチおじさん像撤去騒動のその後→超人気者になってました!】

アンジェリーナ・ジョリー主演のディズニー映画「MALEFICENT(原題)」の最新ポスターが先日北米で公開されました。

ポスターは、真っ白な背景に真っ黒のマントを羽織る「眠れる森の美女」で有名な悪役、マレフィセントの姿、という対照的な色使い。

この再現度の高いマレフィセントメイク、メイクアップアーティストのRick Baker氏はマレフィセントにより近づけるため、頬骨や鼻、耳など細部に至るまでオリジナルに忠実なメイクを施しています。

そして、衣装にも注目です。ローブには50種類以上もの生地から一つを厳選し、最終的に革素材で仕上がったプリーツの多い日本の生地が選ばれています。

また、アンジ―のマレフィセントとしての演技も見ものです。マレフィセントとしての悪女を演じるために、何度も発声練習をし、より恐ろしく、より悪者らしい声を使っているそうです。

映画「MALEFICENT(原題)」は北米では2014年5月30日、日本では2014年7月5日の公開予定です。

監督は「アリス・イン・ワンダーランド」や「アバター」などでアカデミー美術賞を受賞したロバート・ストロンバーグ氏。今回監督業は初めてのようですが、すばらしい演出などに期待できる作品です。絶対に見逃せませんね!

参考:
E! Entertainment Television

(文:おかえり)

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP