ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これはすごい! 文房具屋さんが選ぶ「2014年最高の文房具 」とは?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


 昨年から始まり、今回で2回目となる「文房具屋さん大賞」は、世の中で最も価値のある文房具を選定する賞だ。
 審査員となるのは文房具のプロフェッショナルである「文房具屋さん」たち。デザイン、機能、コストパフォーマンス、文房具界への貢献度、審査員の嗜好にポイントをつけて集計し、選出する。
 昨年はパイロットのボールペン「フリクションボールスリム」が大賞を受賞したが、今年はどのような結果になったのだろうか。ムック『文房具屋さん大賞2014』(扶桑社/刊)で大々的に発表されているので、見てみよう。

●大賞
 2014年の大賞に輝いたのはコクヨS&Tの「ハリナックス」だ。
 「ホッチキス」から「ステープラ」へ。「とじる」の概念を変えたステープラの新型である「ハリナックス」が、昨年度の大賞となった「フリクション」シリーズの新作を抑えての大賞受賞となった。

●新人賞
 続いて、新人賞を受賞した文房具は、パイロットの「フリクションいろえんぴつ12色セット」。
 「消えるボールペン」として瞬く間に定番化した「フリクション」シリーズの新ラインナップが新人賞だ。これまで困難とされていた、こすると透明色になるフリクションインキの固形化に成功した。大賞の座こそ譲ったが、「フリクション」シリーズは更なる進化を続け、今も人気を博している。

●部門賞
 他にも「書く部門」「切る・測る部門」「留める部門」「つける部門」など、部門ごとに、ノミネートアイテムの中からそれぞれ部門賞が決定。ここではその中から気になる文房具をいくつか紹介していこう。

・書く部門賞 ボールペン賞受賞「ジェットストリーム4&1」(三菱鉛筆)
 従来品に比べて筆記抵抗を3〜4割削減したジェットストリームインク。その滑らかな書き味は、今やボールペンの定番と言えるだろう。ジェットストリーム4&1は、ジェットストリームのボールペン4色に加え、シャープペンも搭載。多様なシチュエーションに対応する。
 スタイリッシュな外観は、ビジネスマンに向けて開発されたという。機能性に加え、見た目にもこだわっているボールペンだ。

・切る・測る部門 ハサミ賞受賞「エアロフィット サクサ」(コクヨS&T)
 刃先にかけて、刃の角度を徐々に広げた「ハイブリットアーチ刃」が、理想的な切れ味を実現している。新開発のエアークッションハンドルは、内部にも空洞を設けた柔軟な樹脂層が指にかかる力を分散。段ボールなどの厚い紙も軽々切ることができる優れモノだ。

・つける部門 のり賞受賞「消えいろPiT」(トンボ鉛筆)
 のり自体に青い色がついているので、塗ったところがひと目でわかり、乾けば色は消える。接着力は強力で、一般紙から厚紙まで幅広く利用できるため、愛用者も多いのではないだろうか。

 文房具はメーカーの努力によって日々進化し、洗練されている。今回受賞した文房具の中に、使ってみたいと思うものがきっとあるはず。文房具は毎日使う日用品。お気に入りの文房具を使うことは、仕事や勉強の効率化や楽しみにもつながるだろう。
 なお、「文房具屋さん大賞2014」の大賞、新人賞、各部門賞についてのより 詳しい情報は、こちらの「文房具屋さん大賞」公式サイト( http://www.fusosha.co.jp/special/bunbougu )でも確認できる。
(新刊JP編集部)

■「文房具屋さん大賞」公式サイト
http://www.fusosha.co.jp/special/bunbougu



(新刊JP)記事関連リンク
最高の文房具を決める「文房具屋さん大賞」が決定!(2013年)
仕事を楽しくする文房具の数々を紹介
あのアイドルや文化人が愛用する超便利な文具とは?

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP