ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

最薄部18mmのBLUEDOT“軽テレビ”のラインナップにフルHD搭載22V型モデルが登場

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

BTV-2200

BLUEDOTは、LEDバックライトを採用し、薄型・省エネを両立した“軽テレビ”のラインナップに、22V型液晶搭載の地上デジタルフルハイビジョンテレビ『BTV-2200』を追加、4月16日に発売します。想定実売価格は4万円前後です。

BTV-2200

『BTV-2200』は、1月に発売した『BTV-1800』と同様に、バックライトに従来のCCFL(冷陰極管)ではなく、エッジライト方式のLEDを採用。最薄部も同じく18mmを実現しています。重さもスタンドを含めて4.5kgと軽量。場所もとらず、移動も気軽に行えるため、お部屋のレイアウトに合わせて好きな場所に置くことができます。

LEDバックライトを採用したことにより、消費電力の低減にも成功しています。1日4.5時間使用した場合の年間消費電力量は約38kWh/年、1年間の電気代もわずか840円と業界トップクラスの省エネ性能を実現しました。省エネモード設定、スリープ性能(オフタイマー)などの機能も搭載し、無駄な消費電力を抑えることができます。

BTV-2200

HDMI入力やD入力(D4まで)、Sビデオ入力、AV入力(コンポジット)などの端子を通して、ブルーレイプレーヤーなど外部機器の映像も楽しめるほか、パソコンモニターとして利用することも可能。番組表から指定しておいた番組がはじまると、自動的にチャンネルが切り替わる『番組予約機能』や、料理レシピや懸賞窓口のメモを取るときに画面を一時静止できる『静止機能』など、便利な機能も搭載されています。

『BTV-2200』は、2010年4月1日施行の新しい省エネ基準でも5つ星を達成し、エコポイントの対象商品にもなっています。サイズはW523×H372×D39mm(スタンド含まず)、カラーはブラックのみです。
 
 

■関連記事
地デジ番組を『PS3』に録画できる『torne』は 3月18日に発売
“キティちゃん”と東芝『レグザ』がコラボ!19型地上デジタルハイビジョン液晶テレビ『19A800KT』
小さくて燃費がいい“軽テレビ” 10インチパーソナルデジタルテレビ『BTV-1000』

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。