ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、ウェアラブルデバイス用のAndroidソフトウェア開発キットを2週間以内にリリース予定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

GoogleでAndroidとChromeの責任者を務めるSundar Pichai氏が、日曜日に米国・テキサス州で行われたSouth by Southwest(SWSW)フェスティバルにおいて、ウェアラブルデバイス用のAndroid SDKを今後2週間以内にリリースする予定であることを明らかにしました。ウェアラブルデバイスというのは、Googleが開発しているメガネ型ARデバイス「Google Glass」やスマートウォッチなどの身につける電子機器のことを言います。2週間以内に提供されるSDKは、各メーカーがAndroidを採用したウェアラブルデバイスを開発できるようにするものです。Googleは新たに提供されるSDKによってAndroidの適用範囲をウェアラブルデバイスにまで拡大しようとしています。Pichai氏によると、提供されるSDKでは、様々なセンサーからのデータを収集する機能を重点的に開発されており、まずは、スマートウォッチやフィットネス用リストバンドでのAndroidの採用を想定しています。Googleは以前にもスマートウォッチに特化したオープンソースOSを3月中にリリースすると噂されていましたが、SWSXイベントでそのようなものは発表されていません(今回のSDKのこと?)。また、今年のGoogle I/O 2014ではLG製のスマートウォッチを発表するとも噂されています。Source : ZDNet



(juggly.cn)記事関連リンク
これがPantechの次期フラッグシップスマートフォン「Vega Iron 2」?
英Vodafone、Xperia Z2を予約した先着3,000名に32インチのブラビアテレビをプレゼントするキャンペーンを展開
ファイル管理アプリ「SanDisk Memory Zone」に内蔵ストレージのファイルをMicro SDカードに自動的に移動させる「OptiMem」機能が追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。