ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Chromecastを接続したテレビやモニタでゲームを楽しめる新アプリ「GameCast」が公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android端末をゲームコントローラーにしてテレビ画面でゲームを楽しもうというChromecastアプリ「GameCast」がGoogle Playストアで公開されました。Chromecastの利用シーンとしては、動画や音楽、写真のストリーミング再生、Chromeブラウザのタブのミラーリングといったことがメインだったと思いますが、「GameCast」では、アプリをインストールした端末をコントローラーに、Chromecastを接続したテレビや外部モニタをゲーム画面にして様々なゲームを楽しもうという新たな試みが行われています。「GameCast」で利用できるゲームは「Snake」、「Pong」、「Xonix」、「Tetrominoes」の4種類のカジュアルゲームです。ゲームの種類は今後のアップデートで順次追加されていく予定です。Google Playストアで配信されているゲームアプリをGameCastで操作するようなことは今のところできません。次の写真はChromecastに転送された「GameCast」のオープニング画面です。ゲームコントローラー化したAndroid端末の十字キーやABボタンで遊びたいゲームを選択します。「GameCast」は有料アプリ(146円、買い切り型)です。「GameCast」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
「Gear 2」と「Gear Fit」の公式ハンズオン動画が公開
Xperia Z2で新しくなった通知パネルの「クイック設定ツール」を紹介
米国でGalaxy Note 10.1 2014年版が一斉に値下げ、16GBモデルは$499

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP