ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「非正規は交際できない」にネット反発 厚労省に「当たり前だろ」とツッコミ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

厚生労働省が3月6日に発表した「21世紀成年者縦断調査」に、ツッコミの声があがっている。2012年11月に全国約2万人の20代独身男女を対象として、「交際や結婚の有無」などを聞いたものだ。

この結果の中で時事通信などが取り上げたのは、「交際異性がいる」と答えた非正規雇用の男性が18.7%しかいなかった点だ。正規雇用の男性は30.7%で、10ポイント以上差がある。女性でも正規41.6%、非正規34.1%と差があるが、男性よりも小さい。

男性は「収入の多さ」が交際率に影響
これが「非正規の交際2割未満」などと報じられると、ニコニコニュースのコメント欄などで怨嗟の声もあがっている。

「これ当たり前の結果やん、どや顔でこんな記事書かれてもなあ」
「わかりきってる調査だけ繰り返して、少子化対策に何も取り組まない国」
「うちらの時代がするべきことは、交際じゃなく仕事探しだろ」

非正規雇用の男性からすれば、「非正規の男性は貧しいから相手にする女性がいない」と解釈されるような記事は気持ちのいいものではない。とはいえ、正規雇用の男性も7割は交際できていないのだから、それほど悲観する数字でないという見方もある。

調査には具体的な収入層ごとの交際率もある。女性の場合、400万円以上稼いでいる人の46.5%が「交際異性あり」と答えており、収入が下がっても4割を下回ることはなく、それほど影響はない。

しかし男性の場合は、400万以上が37.8%、300~400万円が34.4%なのに対し、200~300万円が28.1%、100~200万円が22.0%と交際女性がいる率はガクッと下がる。収入の多さが、交際の有無に直結しているといえるだろう。

「恋愛の条件がきつくなってる気がする」
男性陣からは、こんなやっかみの声も。

「女性はパパと付き合ってるのだろう」
「なんか社会における恋愛の条件がきつくなってる気がする」
「やっぱり世の中、金だよね。うん、知ってた知ってた」

とはいえ10年前と比較すると、女性の結婚意欲「あり」の回答は、正規で81.3%(4.5%増)、非正規71.0%(5.6%増)と増えている。

「ただしイケメンに限る」もしくは「ただし金持ちに限る」のかもしれないが、世の男性には頑張ってもらいたいものだ。

あわせてよみたい:「ウォークマンを潰した」のは誰か?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。