ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドライブデートに!「道の駅」5選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

春の行楽シーズンを間近に控え、ドライブデートの計画を立てている人も少なくないだろう。でも、この時期の海・山はまだ肌寒い。ドライブ途中に立ち寄るなら、①屋内施設があり、②ご当地の味覚や魅力を堪能でき、③非日常性を味わえるところ…の3条件を満たすところが望ましい。

【画像や図表を見る】

そこでお薦めしたいのが「道の駅」だ。 最近の「道の駅」はご当地グルメも充実し、1日いても飽きないほど設備も充実してきている。今回は首都圏在住の皆さんを念頭に、エンタメ度の高い関東近郊の「道の駅」を5カ所ほどご紹介しよう。

●「道の駅 鴨川オーシャンパーク」(千葉県鴨川市)
特産のサザエをイメージしたという外観は、まるでピラミッドのよう。人工磯の潮だまりプール「千年磯」もあり、水遊びも可能。水鉄砲や足踏み水車なども置かれている。

●「伊東マリンタウン」(静岡県・伊東市)
色とりどりの建物が立ち並ぶテーマパークのような道の駅。マリーナが併設されており、半潜水式海中展望船「はるひら丸」と、高速船「ベルクルーズ」という2つの遊覧船が運行。温泉施設「シーサイドスパ」もある。

●「道の駅 ぐりーんふらわー牧場・大胡」(群馬県前橋市)
オランダ式の大きな風車がシンボル。広大な敷地のなかにはローラー滑り台やアスレチック遊具などがあり、ポニーや羊などの動物も間近で見学可能。

●「富士川楽座」(静岡県富士市)
年間360万人が来訪する大人気の道の駅。実験教室、クラフト教室などを楽しめるアミューズメント施設「体験館どんぶら」と、直径14mのプラネタリウムが目玉。

●「ららん藤岡」(群馬県藤岡市)
ミニ遊園地「メルヘンプラザ」があり、観覧車やメリーゴーランドが200円で乗車可能。噴水や小川もあり、夏は水遊びも。年間通じて様々なイベントも開催されている。

観光地化が進む道の駅だが、山間部など過疎地にあるせいで、以前は「ネットが繋がらなくて不便」という声もあった。確かに、ドライブで訪れるなら、周囲の観光スポットやルートチェックなどをしたいところ。ドライブ先でネットが繋がらないとなると不安が募る。

だが、最近では、通信環境もだいぶ進化している様子。日経BP社が3月6日、「全国『道の駅』iPhoneのLTE接続調査」を行ったところ、今や1005カ所ある道の駅の8割近くでLTEに接続できることが判明した。

ただ、注意したいのはキャリア間のばらつきが大きいこと。1位のauが91.7%なのに対し、NTTドコモは74.2%、ソフトバンクモバイルは52.5%にとどまった。また、通信速度も同順位となっており、たとえば平均通信速度(下り)だけをとっても、au(26.41Mbps)、NTTドコモ(19.88Mbps)、ソフトバンクモバイル(14.01Mbps)となっている。

せっかくのドライブだから、道の駅の行き帰りにも、寄り道を楽しみたいもの。そんなときにネットが繋がらなくて検索できない…なんて事態に陥らないよう、こんなところにも目配りしておきたいものだ。
(山田登/考務店)
(R25編集部)

ドライブデートに!「道の駅」5選はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
2020年スマホは自販機で買う?
スマホ「お得クーポン」活用のコツ
ファブレットはどんな人にお薦め?
増税に備えて!スマホ料金見直し法
日本初!「曲面液晶スマホ」の実力

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。