ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

動画の小窓再生やバックグラウンド再生にも対応した動画アプリ「Viral」がChromecastへのストリーミングに対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

動画を小窓にポップアップさせることもできるマルチタスク志向のYouTubeクライアント「Viral Floating Youtube Popup」が遂にChromecastへのストリーミングに対応しました。Viralは、YouTube動画やWEB上の動画をリサイズできる小窓で再生したり、バックグラウンドで再生したり、スリープ中にも再生できる高機能な動画アプリです。Googleアカウントのログイン機能も備えているので公式YouTubeアプリの代替として利用している方も多くいます。このViralアプリがChromecastに対応したことで、YouTubeや入力したURLの動画をChromecastを介してテレビや外部モニタ上で視聴することも可能になりました。操作方法は公式アプリと同様に、画面上部に表示されるCastボタンをタップして接続するChromecastを選択するだけです。Chromecastへの出力を停止する場合は再度Castボタンから「接続を解除」をタップします。「Viral」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
韓国コウォン、ハイレゾ音源対応の3.7インチAMOLEDパネル搭載MP3プレイヤー「COWON P1」を開発
Xperia E1 dualがインドで発売された模様
LG未発表スマートフォン"B2"(LG-D851/LG-VS985)と"B1lite”(LG-D631/LG-VS880)の噂

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。