ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ボカロに天気…ARアプリ最前線

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「AR」とは「Augmented Reality(拡張現実)」の略で、現実の映像にディスプレイ上でグラフィックを重ねる技術のこと。この技術を利用した「ARアプリ」が多数登場している。「Tiny AR lite」は、人気ボーカロイドキャラクターたちのダンスが楽しめるアプリ。スマホのカメラを介して、好きな場所でキャラクターたちを踊らせることができる。「アメミル」は気象情報を視覚化してくれるアプリ。雨雲の予報を映像にして景色と合成する。また、サービスにARを取り入れる企業も。三省堂書店とBookLiveはアプリ「ヨミCam」をリリース。本の表紙にスマホをかざすと関連情報を閲覧でき、電子版の購入も可能。今後もAR技術は幅広い分野で活用されそうだ。
(R25編集部)

ボカロに天気…ARアプリ最前線はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
“大人のARおもちゃ”最前線
ARでフィギュアが仮想ペットに
ボカロ曲が「繋がり」で視聴可能に
バイオリン奏者のボカロ曲演奏人気
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP