ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

収入と直結する 時間の整理術

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


 仕事や家事、雑用などで私たちの毎日はどんどん過ぎていきます。
 自由時間がほとんど取れず「1日がもう3時間くらい長かったらいいのにな」などと思ったことがある人は多いはず。
 でも、考えてみてください。あなたには本当に自由な時間を作る余地がないのでしょうか。
 『あなたの1日を3時間増やす「超整理術」』(角川学芸出版/刊)の著者、高嶋美里さんは、「1日の中に空白の時間が一人平均5時間ある」といいます。5時間とはにわかには信じがたいほどの長さですが、ちょっとした心がけひとつで、この時間を捻出できるといいます。その心がけとは何か。高嶋さんにお聞きしました。

―職種や状況に関わらず、時間がなくなってしまったり、仕事や雑用に追われてしまったりする原因はどんなところにあるのでしょうか。

高嶋:段取りができていないことで、全てが後手に回ってしまうことです。
やることを整理して、作業に入る前に、「これとこれをやっておけば効率がいいな」というのがわかれば作業時間は短くて済むんですけど、作業に入ってからあれがないこれがないというのが見つかると何倍も時間がかかってしまいます。
そういうのがあるたびに作業が中断されるわけじゃないですか。集中してやれば10分で終わるのに、段取りができていないばかりに1時間以上かかってしまったりする。こういう中断ってほとんどの人が気づかないうちにしているんですよ。たとえば飽きてきたからコーヒーを飲むっていうのも一種の中断です。

―作業中に調べ物をするのも一種の中断ですよね。

高嶋:調べ物もできるものはあらかじめやっておけば作業中に調べなくてもいいですし、どこを調べれば出てくるというのが頭に入っていれば、探す時間も省けますよね。

―先ほど、隙間時間のお話が出ましたけども、普段忙しくしている人にもそういった時間はあるのでしょうか。

高嶋:「こんなに忙しいんだから自分には隙間時間なんてあるわけがない」「隙間時間がある人はよほどヒマなんでしょ」ってみんな思うんですよ。でも、自分の行動を分単位で書き出してみると、実際はかなりそういう時間があることがわかるはずです。
予備校の生徒にやってもらったところ、平均して一人5時間も隙間時間があったんです。

―5時間とはすごいですね。隙間時間はどんなところに潜んでいることが多いのでしょうか。

高嶋:何かをやり終えて、次にやることに移るまでの間の時間ですね。本人はすぐに次の作業に移っているつもりなんですけど、実際には10分とか15分とか何もしていない時間があったりします。

―しかし、作業と作業の間には気持ちの切り替えが必要でしょうし、本当にすぐ次の作業に取り掛かるというのは難しいのではないでしょうか。

高嶋:だから、そういう切り替えの時間で、5分か10分程度でできる別の作業をやるんですよ。調べ物をインターネットで検索するとか、確認作業に回すとか、普段は作業の途中にやっているようなことを作業と作業の切り替えの時間でやることで効率的に時間を使えるようになるんです。

―仕事で成果を出しつつも、きちんと定時で帰るという「デキる人」はこういうことがきちんとできている人が多いのでしょうか。

高嶋:そうですね。それとこういう人には物事を後回しにしないという特徴があります。
たとえば、打ち合わせをしている時に「○○をAさんに伝えておいてくれますか」と言われたら、打ち合わせ中でもすぐに電話をして連絡を取ったり、今は打ち合わせの時には手元にパソコンがありますから、打ち合わせで決まったことをその場でやってしまう。
こういう人はやはり仕事で成果を出しますし、時間の使い方も効率がいいです。

―また、本書には「お金」の整理術についても書かれていまして、「年収の4割を投資に回す」というのが印象的でした。一体どのような投資をすべきなのでしょうか。

高嶋:自己投資です。予備校やカルチャーセンターなどでいろいろな生徒さんを見てきて感じたことなのですが、自己投資ができない人は教えたところまではいいんですけど、そこからどんどん落ちて行ってしまうんです。
なぜかというと、今はすごいスピードで情報が移り変わるので、つねに勉強を続けていないとすぐに周りについていけなくなってしまう。でも時間やお金の整理ができていないと、その勉強もできません。勉強ができないと仕事で成果が出ず、年収が上がらないから余計に自己投資ができないという負のスパイラルに入ってしまうんです。
成果を出し続けられる人というのは、すごく自己投資にお金を使っています。その平均が年収の約4割です。4割というとかなり多いのですが、本を買ったりセミナーに行ったりということにお金を使える人はどんどん年収が伸びていく傾向があります。

―高嶋さんは自己投資としてどのようなことをされていますか?

高嶋:私はあまり物には投資せず、ほとんど経験に費やします。スクールやセミナー、あとは海外旅行も新しい経験をするということでいうと一種の自己投資ですね。

―本書をどんな人に役立ててほしいとお考えですか?

高嶋:年収500万円以下のサラリーマンの方に、年収を倍にするために使ってほしいと思っています。年収1000万以上の人は全体の4%といわれていますが、その4%に入れる方法なのでぜひ実践してほしいです。

―同時にペンネームでも出版されていますよね?

高嶋:はい、蝶乃舞というペンネームで『子育て在宅で3億稼ぐ主婦の成功法則』という本を、幻冬舎さんより出させていただきました。
こちらはモチベーションが保てない、やる気が出ない、人生の目標を失っている、といった方向けの内容ですので、「あなたの1日を3時間増やす超整理術」を始める前に、お読みいただくと効果的です。

―最後になりますが、読者の方々にメッセージをお願いできればと思います。

高嶋:たった14日間やってみるだけなんですけど、やり終えるとあとの人生が丸っきり変ります。毎日続ける必要はなく、土日にやってみるだけでいいので、とにかくこの本で書いている整理術を14日間実践してみてほしいですね。
どうしても続けられない、後回しにしてしまう、という方は、「子育て在宅で3億稼ぐ主婦の成功法則」でモチベーションアップしてから取り組まれることをお勧めします。
(新刊JP編集部)



(新刊JP)記事関連リンク
日常のムダ時間をあぶり出す整理術(高嶋さんインタビュー前編)
ネットサーフィン、考え事、毎日にひそむムダ時間
やってみて損はナシ!?お金を引き寄せる習慣

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP