ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

渡辺美樹議員「最低賃金ではない募集もある」と『Facebook』で反論 コメント欄には共産党への批判が相次ぐ

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

先日、

『共産党・小池晃議員が予算委員会で「ワタミが最低賃金の時給で募集」と告発 渡辺美樹議員は遁走!?』

という記事をお伝えした。
共産党の小池晃議員が参院の予算委にてワタミが最低賃金の時給でアルバイトの募集をしている件をとりあげたが、渡辺美樹議員はすでに退席していたというもの。

これに対し、渡辺美樹議員は『Facebook』のオフィシャルページにて

先日の参議院予算委員会で共産党の小池晃さんがワタミのアルバイトは最低賃金と同額だと指摘した件。
同一のアルバイト募集のホームページで最低賃金ではない職種の募集もしています。職業選択の自由は憲法で保障されている議論の大前提です。そもそも共産国家でない日本は、あの企業で働きたくないと烙印をおされ、経営がなりたたないリスクとも、経営者は常に向き合っています。内部留保に関しても、中長期で企業を維持、発展させる責任が経営者にはあります。経営者視点の発想、事情が理解できない政治家がいるのも仕方ありませんが「レッテル貼り」によって、日々の政治活動や経営がブレたり影響を受けることはありません。
同じ国会議員として、この国を「成長させる政策」で対決したいと思っています。

https://www.facebook.com/watanabemiki.official/posts/235306886593587 [リンク]

と言及した。「同じ国会議員として」「対決したいと思って」いるのなら退席しないでその場にいればよかったのにと思わなくもない。
また、「時給1125円~」にオレンジ色の太目の下線を引いた画像をアップしていたが、その画像には、「1125円は、単なる900円の法定の深夜割増2割5分を行っただけの金額だと思いますが」とコメントが寄せられている。

一方で、コメント欄には


「そもそも小池晃さんは飲食店でバイトしたことあるの?と疑問ですが、そもそも共産党の議員風情が一企業の賃金に触れることそれこそが問題ですね。」
「小池さんの指摘は、マスコミ受けする情けない質問ですね。こういう、訳の解らない質問よりも労働問題の本質の常識を持った話し合いを望みます!」
「そもそも最低賃金って合法では?共産党ごときに民間企業の募集にケチつけることできるんでしょうか?さらに国会で一企業の賃金なんて… 共産党は無くすべきですね。」

と、小池議員や共産党を非難するコメントが多く寄せられている模様である。

画像は『Facebook』より

Takaの記事一覧をみる ▶

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP