ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米Mad Catz、Androidベースのマイクロコンソール「M.O.J.O」を$199に値下げ、さらに今後は「OUYA Everywhere」に対応し、OUYAゲームも利用可能に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米Mad Catzは3月6日、同社のAndroidベースのマイクロコンソール「M.O.J.O」の値下げと、OUYAが先日発表した「OUYA Everywhere」をM.O.J.Oに提供することを発表しました。M.O.J.Oは、Tegra 4プロセッサや2GB RAM、Bluetooth v4.0などに対応した据え置き型のマイクロコーンソールです。昨年12月の発売から$249で販売されていましたが、同日、$199に値下げされました。発表の目玉となる「OUYA Everywhere」への対応について。「OUYA Everywhere」はAndroidベースのコンソールゲーム機「OUYA」に配信されているゲームアプリをOUYA提供のハードウェア以外でも利用できるようにする枠組みのことです。「OUYA Everywhere」は、Sonyが提供している「PlayStation Mobile」のようなもので、専用のダウンロードストアとゲームランチャーを備えたAndroidアプリが提供されます。Mad Catzの発表によると、「OUYA Everywhere」に対応することで、M.O.J.OではOUYA向けのゲームアプリ600タイトルを利用することが可能になるそうです。「OUYA Everywhere」には今後のアップデートで対応する予定です。Source : Mad Catz



(juggly.cn)記事関連リンク
パナソニック、インド市場向け5インチAndroidスマートフォン「Panasonic P31」を発表
HTC、「HTC Butterfly s」のAndroid 4.4.2(KitKat)アップデートを開始
iPhoneで人気のクイズ・トリビアアプリ「QuizUp」のAndroid版がリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP