ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

歩歩高(BBK)の2Kディスプレイ搭載スマートフォン「Vivo Xplay 3S」が買物隊で発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

香港の通販ショップ 電脳中心買物隊でおそらく世界初となる2Kディスプレイ搭載スマートフォン「Vivo Xplay 3S」の販売が開始されました。Vivo Xplay 3Sは、中国のAV機器メーカー 歩歩高の開発したAndroidスマートフォンです。大きな特徴は6インチ2,560×1,440ピクセル(WQHD)の高解像度ディスプレイ(画素密度490ppi)を搭載したところです。また、基本スペックも高く、カメラや音楽機能にもこだわりを持った仕様となっています。プロセッサはSnapdragon 801 MSM8974AB 2.26GHzクアッドコアを搭載。RAM容量は3GB、内蔵ストレージの容量は32GB(Micro SD非対応)。カメラは背面に1,300万画素の裏面照射型CMOSとF1.8の明るいレンズ、ノイズリダクションアルゴリズムを盛り込んだ画像処理チップを搭載、前面には500万画素CMOS(広角レンズ)を搭載しています。音楽機能では、背面にステレオスピーカーを搭載しており、DACにはサンプリング周波数32bit/500kHzに対応したESSの「ES9018」を、オペアンプには低歪み・低ノイズで帯域幅も広く、高級オーディオ機器にも使用されているTIの「OPA2604」‎を採用。DTSの7.1chバーチャルサラウンドにも対応しています。背面に指紋リーダーを搭載しており、指紋でロック画面を解除することが可能です。USB端子にはUSB 2.0よりもデータ転送速度の高いUSB 3.0を採用しています。対応周波数は、GSM(850/900/1800/1900MHz)、WCDMA(850/1900/2100MHz)、TD-SCDMA(1880-1920MHz/2010-2025MHz)、FDD-LTE(B3/B7)、TD-LTE(B38/B39/B40)です。買物隊における販売価格は67,500円。カラバリはホワイト1色です。Source : 買物隊



(juggly.cn)記事関連リンク
パナソニック、インド市場向け5インチAndroidスマートフォン「Panasonic P31」を発表
HTC、「HTC Butterfly s」のAndroid 4.4.2(KitKat)アップデートを開始
iPhoneで人気のクイズ・トリビアアプリ「QuizUp」のAndroid版がリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP