ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

8コアプロセッサを搭載した「Huawei H300」のベンチマークスコアが公開、Kirin 920を搭載か?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

8コアCPUのSoCを搭載した正体不明のHuawei端末「Huawei H300」のAntutuベンチマークスコアとシステム情報が同アプリの公式サイトで公開されました。公開されたシステム情報の画像によると、「Huawei H300」はAndroid 4.4.2(KitKat)、1,920×1,080ピクセルのディスプレイ、1.3GHz駆動の8コアCPUとMali-T624 GPUを内蔵したSoC、2GB RAM/16GB ROM、背面に1,300万画素カメラ/前面に500万画素カメラを搭載しています。そして、「Huawei H300」のAntutuスコアはSnapdragon 801を搭載した端末と同レベルの37,363点でした。1.3GHz駆動でこのスコアを叩き出したこと考えると、このSoCのポテンシャルはSnapdragon 801以上だと思います。Huaweiは「Kirin 910」プロセッサの上位版として、Cortex-A15x4+Cortex-A7x4のCPUとMali-T628 GPUを内蔵した新SoC「Kirin 920」をHisiliconで開発しています。GPU仕様が若干異るのですが、「Huawei H300」は現在開発されている新SoCを搭載しているとも考えられます。Source : Antutu



(juggly.cn)記事関連リンク
Moto Xの"Always-On"機能はNexus 5のプロセッサだけでも実現できるらしい
"WinRAR"のAndroid版「RAR for Android」がリリース
米Mad Catz、Androidベースのマイクロコンソール「M.O.J.O」を$199に値下げ、さらに今後は「OUYA Everywhere」に対応し、OUYAゲームも利用可能に

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP