ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンク、「AQUOS PHONE Xx 302SH」のソフトウェアアップデートを開始、SoftBank Healthcareに対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソフトバンクは3月6日、シャープ製Androidスマートフォン「AQUOS PHONE Xx 302SH」に対して、機能追加を目的としたアップデートの配信を開始しました。302SHは今回のアップデートでソフトバンクの健康管理サービス「SoftBank HealthCare」に対応します。SoftBank HealthCareに対応することによって、Google Playストアで配信されている専用アプリをインストールし、スマート体組成計やFitbitのリストバンド型活動量計を利用した健康管理を行なうことが可能になります。更新ファイルはWi-Fi、3G、LTE経由でダウンロード可能です。アップデート方法は、302SHの設定メニューを表示後、「端末情報」→「ソフトウェア更新」→「ソフトウェア更新」→「実行」をタップします。アップデート後のソフトウェアビルドは「S0014」です。Source : ソフトバンク



(juggly.cn)記事関連リンク
歩歩高(BBK)の2Kディスプレイ搭載スマートフォン「Vivo Xplay 3S」が買物隊で発売
東芝、REGZA Tablet AT503/AT501に家電を遠隔操作できる「家電コンシェルジュ for REGZA Tablet」の提供を開始
イーモバイル、「STREAM X GL07S」にB211ビルドへのアップデートを配信開始、テザリング機能を利用される方は必ず実施を

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP