ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google提供のTTSエンジン「Googleテキスト読み上げ」がv3.0にアップデート、「英語(米国と英国)」に高音質版が追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Androidアプリが画面に表示されたテキストを読み上げるのに利用されるGoogle提供のTTS(Text-to-Speech)エンジン「Googleテキスト読み上げ」がv3.0にアップデートされました。今回のアップデートにおける主な変更内容は、対応言語に「ポルトガル語(ブラジル)」と「スペイン語(米国)」の2言語が追加されたことと、英語(米国と英国)に高音質版が追加されたことです。日本語への正式対応は行われていません。「英語(米国と英国)」に追加された高音質版については、通常版よりもファイルサイズが大幅に増えています。通常版が5~8MB程度なのに対して、高音質版はなんと270MB程度もあります。通常版は明らかに機械が発声しているかのように聞こえますが、高音質版は人が話している声を聞いていると思うほど自然に発声します。TTSエンジンは電子書籍アプリや翻訳アプリでの読み上げ、Talkbackの音声フィードバックなどで使用されるので、英語の発声クオリティが向上することはネイティブの方だけではなく、英語を学ぶ方にとってのリスニング体験の質の改善にもつながると思います。「Googleテキスト読み上げ」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
歩歩高(BBK)の2Kディスプレイ搭載スマートフォン「Vivo Xplay 3S」が買物隊で発売
東芝、REGZA Tablet AT503/AT501に家電を遠隔操作できる「家電コンシェルジュ for REGZA Tablet」の提供を開始
イーモバイル、「STREAM X GL07S」にB211ビルドへのアップデートを配信開始、テザリング機能を利用される方は必ず実施を

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP