ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Androidアプリ「Mirror」がChromecastへの画面出力に対応!! ChromecastをMiracastアダプタとしても利用可能に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android端末の画面表示をPCブラウザに転送したり、動画キャプチャーを作成できるAndroidアプリ「Mirror」がChromecastへの画面出力に対応しました。これはどういうことかというと、Mirrorアプリをインストールした端末の画面の動きをワイヤレスでChromecastに転送できるということです。つまり、ChromecastがPush2TVのようなMiracast対応のワイヤレスディスプレイアダプタのように動作するということです。画面出力を利用するには、Mirrorアプリを起動すると最上部に表示されるChromecast名をタップするだけです。画面出力中は通知パネルにシュートカットが表示されるので、停止する場合はそのショートカットをタップします。MirrorがChromecastが画面出力に対応したことで、もうMiracastアダプタ等は不要になると言えますが、残念ながら、MirrorアプリはカスタムROM「CyanogenMod」をインストールした端末にしか対応しておらず、メーカーの標準ROMを搭載した端末では利用できません。「Mirror」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
HTC Desire 310(シングルSIM版)が台湾で発表、4月に発売
Gravity Screen : 端末のセンサーを利用して画面を自動的にON/OFFするAndroidアプリ
Samsung S-Circle(EI-AN900A)がFCCの認証を取得

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP