ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

全国区間近?地方タレントの星

DATE:
  • ガジェット通信を≫

全国各地には、主にその地域で爆発的な支持を得る「地方タレント」が存在する。大阪の視聴率男、故・やしきたかじんさんしかり、北海道から全国区へと知名度が飛躍した大泉洋しかり。そこで、人気に火が付く前に少しでも早く目をつけておくため、これから全国的なブレイクが期待できそうな「地方タレントの星」を、各地方のテレビ局で働くプロデューサーをはじめとするスタッフの皆さんにピックアップしてもらった。

【画像や図表を見る】

●くまモンに勝るとも劣らない存在感を放つ「まさる」(熊本県)
熊本を中心に、人気急上昇中の“おゲイタレント”。レポーターやMCを中心に活動しており、ご当地のゆるキャラ・くまモンとともに料理番組(ネット配信)にも出演している。昨年、全国放送の『シルシルミシルさんデー』に出演した際には、その話術で圧倒的なインパクトを残し、レポートの様子を見たマツコ・デラックスにも絶賛されていた。

「彼のすごさは、どこにいっても愛される人柄とトークスキルです。おネエ口調での毒舌や強烈な切り込みも持ち味ですが、バランスを考えたトークができるので、番組を任せる側からしても安心できます。また、ロケで長距離を移動中のときも、しゃべりっぱなしで車内を盛り上げてくれます。スタッフ一同、その明るさにはたびたび助けられていますね。ポテンシャルの高さは、明石家さんまさん並みといっていいのではないでしょうか」(熊本朝日放送・報道制作局プロデューサーの伊勢康之さん)

●歌もトークも力量十分「森本ケンタ」(広島県)
広島の民放全4局の番組にレギュラーを持つ、イケメンシンガーソングライター。地元では老若男女問わず人気があり、去年実施された地元のコンサートでは、追加公演が行われたほどの盛況ぶりだったとか。

「歌手としても精力的に活動しながら、情報番組でもグルメやクイズ、街歩きなどを担当してくれています。見た目もさることながら、トークも爽やかで、そつなくこなしてくれます。また、東日本大震災で被災した子供の支援やチャリティーを率先して行うなど、幅広い分野に挑戦する行動力と、その経験から養われる人柄が魅力です」(広島テレビ・プロデューサーの岡田純一郎さん)

●庶民派でありながらプロ意識が人一倍高い「ふじポン」(岩手県)
岩手ではNo.1の知名度を誇る、盛岡市出身の女性タレント。毎日競馬とビールのことを考えているおっさんのような女子だが、35歳になった今も「岩手のアイドル」で通している。はるな愛のようなイメージの明るく親しみやすい性格が魅力で、地元の人からは家族のように慕われているとか。

「裏表がなくあっけらかんとした、愛嬌たっぷりのキャラクターですが、視野が広く頭がいいので、トークやリポートなど臨機応変にこなすことができます。また、どこに行っても誰とでもすぐに打ち解けることができ、ロケがしやすいです。制作陣が望む以上の仕事をしてくれるので、彼女をキャスティングすれば現場もばっちり。公私ともにずっと一緒にいたいと思える、滅多にいない逸材です」(めんこいエンタープライズ・制作部の鎌田淑子さん)

上記3人はいずれも20代から30代の若手だが、ベテランの中にもこれから全国区になる可能性を秘めた実力派がいる。

●道民で知らない人はいない「ヒロ福地」(北海道)
大泉洋らを輩出した北海道テレビの番組を中心に出演。夕方ベルトで情報番組のパーソナリティーを10年間担当しており、北海道では圧倒的な人気を誇る。

「FMラジオでDJを20年にわたり務めているため、トークの安定感は抜群。スタッフからも頼りにされています。現在48歳とは思えない、若々しさとキレのある物言いが人気の秘密だと思います。また、プロ野球・北海道日本ハムファイターズの大ファンで、選手からも厚い信頼を寄せられており、ファンとチームをつなぐ太いパイプの役割を担っていると思います」(北海道テレビ・編成局の多田健さん)

いずれ劣らぬ才能を持つタレントばかり。たくさんの芸能人を目にしてきたテレビスタッフのお墨付きだけに、今後の飛躍に期待ができそうだ!
(末吉陽子/やじろべえ)
(R25編集部)

全国区間近?地方タレントの星はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
デーブ、小室…たかじん氏へお悔み
いいとも後番組MC期待度1位は?
ネット絶賛のアイドル 中国でも話題
U-25注目俳優トップ5は誰だ?
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP