ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

喧嘩売った?ペプシ比較CMに賛否

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ライバルであるコカ・コーラとの比較をするペプシの新しいCM「美味しさ」篇が、ネット上で話題を呼んでいる。

【画像や図表を見る】

このCMは、500人のコーラ飲料者を対象に実施した「ペプシNEX ZERO」と「コカ・コーラ ゼロ」との飲み比べの結果を発表するという内容。壇上の女性が「ペプシ!」と勝者の名前を読み上げると、青い服を着たペプシ陣営が大喜びする。

アンケートは、ペプシが調査会社に委託し、2013年の12月から2014年の1月の期間に実施したもの。都内で、週に1回以上コーラ飲料を飲む人500人を対象にどちらのコーラが美味しかったか尋ねたところ、61%がペプシのほうが美味しいと回答したという。

実際のアンケート結果とはいえ、かなり露骨なペプシの比較CM。海外では決して珍しいものではないが、日本ではあまり見かけないため、違和感を覚えるネットユーザーも少なくない模様。ツイッターでは、

「いやあこれは当然だろw
ペプシは、うまい」
「コカコーラZEROの方がNEXよりいいけどな。NEXはフレーバーに若干クセががあって好き嫌いが出そうな気がするが」
「たしかにコカコーラゼロなら、ペプシNEXの方が美味い気がするなぁ」

とどちらがおいしいと思うかについて投稿されていたが、それ以上に、

「日本もアメリカみたいに相手のブランド名だして比較していいの」
「過去にもいろいろあったけど、ペプシのCM、すげぇーなぁ。ストレート過ぎて、ちょっとひくわ(^^;)」
「ペプシの広告がドストレートすぎw もうちょい笑いを・・・」
「またまたペプシCMがコカコーラに直球で喧嘩売ってるww これだけハッキリ言うと清々しい!!」

と、わかりやすい比較CMについて、賛否両論が飛び交っている。

なお、ツイートでも触れられていた通り、ペプシはこれまでも頻繁に比較CMを行っており、1980年代から90年代にかけては、ペプシとコカ・コーラの飲み比べをするという内容の広告キャンペーン「ペプシチャレンジ」を行っていた。このキャンペーンは日本にも上陸し、91年には普段はペプシを愛飲しているMCハマーが、間違えてステージドリンクとしてコカ・コーラを飲むとバラードを歌い始めて客席が盛り下がってしまう、という内容のCMも放映されていた。しかし、このCMは放送倫理に反するのではないかとの批判にさらされ、短期間で放送が中止された。その後、コカ・コーラの部分をモザイク処理し、「別のコーラ」と表現して放映された。
(R25編集部)

喧嘩売った?ペプシ比較CMに賛否はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
意外に美味な「ホット炭酸飲料」
炭酸飲料人気のカギは「ゼロ系」!
各エナジードリンク違いはあるの?
「ホクトのきのこ」過激CMに騒然
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。