ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、一部の機種で問題視されていたCPUブースト機能をGalaxy S 4とGalaxy Note 3ではAndroid 4.4.2アップデートで削除した模様

DATE:
  • ガジェット通信を≫

一部のSamsung製スマートフォン・タブレットで問題視されていた特定アプリをターゲットにしたCPUブースト機能が、Android 4.4.2にアップデートされたGalaxy S 4とGalaxy Note 3で削除されたようだとArs Technicaが伝えています。Samsungが密かに導入していたCPUブースト機能(”BenchmarkBooster”メソッド)というのは、Geekbench v2/v3、AnTuTu、Vellamo、Basemark X、AndEBench、3DMarkといった定番のベンチマークアプリを起動するだけでCPUの全コアがアクティブになり、動作クロック数も最大値に張り付くというものでした。同サイトは、AT&T版Galaxy S 4とSprint版Galaxy Note 3の2モデルを対象に調査を行ったところ、Android 4.3バージョンとAndroid 4.4.2バージョンとではCPUコアの動きが変化していました。具体的にはAndroid 4.3バージョンの場合(上図左)、CPUの動きは上述の通りとなっていますが、Android 4.4.2バージョンでは(上図右)、該当のアプリを起動しただけではホーム画面や該当しないアプリをフォアグラウンドで実行した時と同じ動きになっていました(つまり、アイドル時と同じ動き)。CPUブースト機能はExynos版でも確認されていますが、それらでも削除されたのかどうかはまだわかっていません。Source : Ars Technica



(juggly.cn)記事関連リンク
Samsungは10.5インチ2,560×1,600ピクセルのAndroidタブレット「SM-T80X」シリーズを開発中
LINE、スマートフォン向けECサービス「LINE MALL」の販売手数料を無料化、さらにiOS向けアプリもリリース
Androidアプリ「Mirror」がChromecastへの画面出力に対応!! ChromecastをMiracastアダプタとしても利用可能に

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP