ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンク、スマートフォンから様々な非営利団体に寄付できるAndroidアプリ「かざして募金」をリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソフトバンクは3月5日、非営利団体が行っている募金活動にスマートフォンから簡単に参加できるアプリ「かざして募金」をリリースしました。かざして募金は、サービスに登録されている非営利団体の団体名やロゴマーク、ポスターなどをスマートフォンのカメラに読み込ませるだけで、その団体に対して寄付できるアプリです。AndroidユーザーはGoogle Playストアで配信されている専用アプリを端末にインストールし、街中で目にするポスターやWEBサイトに掲載されている団体名などにカメラをかざすと、アプリが登録団体を認識して募金サイトに誘導します。後は、100円、500円、1,000円、3,000円、5,000円、10,000円の中から寄付金額を選択して入金操作を行なうだけです。支払い方法はクレジットカードとキャリア決済(ソフトバンクユーザーのみ)が対応しています。このアプリのメリットとしては、登録団体に寄付したいと思った時にわざわざ窓口などを探すことなく、すぐにアクションを起こせるところです。2014年3月5日時点での登録団体は37団体となっています。「かざして募金」(Google Playストア)Source : ソフトバンク



(juggly.cn)記事関連リンク
Android版「Evernote」がv5.8にアップデート、指やスタイラスによる手書き入力に対応
Android向け「Sochi 2014 Results」がソチパラリンピック仕様にリニューアル
Samsung、Galaxy S 4グローバルモデルのAndroid 4.4.2アップデート配信対象国を拡大

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP