ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xiaomiは9.2インチ・Snapdrragon 400を搭載したAndroidタブレットを開発中?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

GFX Benchmarkの公式サイトに「Xiaomi HM 1AC」と呼ばれる小米科技(Xiaomi)ブランドのAndroidタブレットのテスト結果が登録されていました。昨年より長らく噂となっている低価格タブレットのことでしょうか?同サイトの情報によると、「Xiaomi HM 1AC」の主要スペックはAndroid 4.3(Jelly Bean)、9.2インチ1,280×720ピクセルのディスプレイ、Snapdragon 400 1.6GHzクアッドコア(Adreno 305 GPU)、900MB RAM/5.7GB ROM(仕様上は1GB RAM/8GB ROM?)、背面に700万画素カメラ/前面に150万画素カメラを搭載(仕様上は、背面は800万画素/前面は160万画素?)。スペック的にはエントリー~ミッドレンジクラスと言える内容です。画面サイズが独特な仕様になっていますね。オンスクリーンボタンを採用しているとすれば、解像度は1,280×768ピクセルといった値になると思います。Source : GFX Benchmark



(juggly.cn)記事関連リンク
HTC M8のAntutuスコアは36,000点程度
LGが「LG G Pad 8.3」のLTEバージョンを発表、米Verizonより発売
Samsung、一部の機種で問題視されていたCPUブースト機能をGalaxy S 4とGalaxy Note 3ではAndroid 4.4.2アップデートで削除した模様

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP