ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アカデミー賞受賞後のガッツポーズ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

3月2日(現地時間)に発表された「第86回アカデミー賞」で、人気俳優のマシュー・マコノヒーが主演男優賞を受賞。マコノヒーは1月の「第71回ゴールデン・グローブ賞」でも主演男優賞(ドラマ部門)を受賞しており、その勢いに乗ってアカデミー賞もゲットした。

【画像や図表を見る】

マコノヒーが主演男優賞を獲得した『ダラス・バイヤーズクラブ』は、エイズと診断されたカウボーイが未承認エイズ特効薬の販売組織「ダラス・バイヤーズクラブ」を発足し、奮闘する様を映画化した人間ドラマ。マコノヒー演じるロン・ウッドは実在の人物で、ストーリーも実話をもとにしている。

主演男優賞レースは、レオナルド・ディカプリオ(『ウルフ・オブ・ウォールストリート』)との一騎打ちと目されていたが、21kgもの減量で役に臨んだマコノヒーに軍配があがった形だ。日本では全国で公開中なので、過酷な役作りの成果はぜひ劇場で。
(R25編集部)

アカデミー賞受賞後のガッツポーズはコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
21kg減で熱演!エイズ患者の闘い
『タイタニックの呪い』解けるか?
有村 昆が予想!オスカー有力6作品
YouTube的な映画がブーム
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。