体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

KDDI、「Galaxy Note 3 SCL22」のソフトウェアアップデートを開始、ハイレゾ音源の音飛びなどに対処

KDDIは3月4日、Samsung製Androidスマートフォン「Galaxy Note 3 SCL22」に対して、ソフトウェアアップデートの配信を開始しました。今回のアップデートはAndroid 4.3バージョンにおける機能改善やバグ修正がメインです。KDDIによると、ハイレゾ音源(PCM24bit/DSD1bitなど)を再生すると、再生が勝手に停止したり、音飛びが発生する事象が改善されるほか、伝言メモ再生時に音声が勝手にスピーカーから出力される事象も改善されます。更新ファイルはWi-Fi、3G、LTE経由でダウンロード可能です。アップデート操作はSCL22の設定メニューを表示後、「一般」タブ→「端末情報」→「ソフトウェア更新」→「更新」をタップします。アップデートにかかる時間は5~20分。アップデート後のソフトウェアビルドは「SCL22KDUBNB1」です。Source : KDDI



(juggly.cn)記事関連リンク
Xiaomiは9.2インチ・Snapdrragon 400を搭載したAndroidタブレットを開発中?
NTTドコモ、Galaxy Note 3とGalaxy Jのソフトウェアアップデートを開始
小米科技(Xiaomi)がTegra K1タブレットを開発しているという噂

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。