ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

田中義剛も自慢する青森県南部地方のソウルフード「せんべい汁」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


2月27日の「秘密のケンミンSHOW」(日本テレビ系、毎週木曜午後9時)では、「県民熱愛グルメ」として青森県の「せんべい汁」を取り上げ、八戸市の居酒屋「禄文銭」を紹介した。

 八戸市を中心とする青森県南部地方では、県民のソウルフードとして「せんべい汁」が愛されてきた。しょう油ベースのダシにたっぷりの具材と地元名物「南部せんべい」を合わせた鍋料理は、家庭だけなく、小学校や中学校の給食でも提供されている。おやつに食べる南部せんべいとは異なる「せんべい汁」専用の「おつゆせんべい」もあり、八戸市内だけで10社以上のメーカーが製造している。冷たい風が吹き、稲作に不向きな南部地方では、昔からそばが作られ、江戸時代後期には「そばせんべい」が誕生。南部せんべいのルーツでもある「そばせんべい」を、いつしか鍋にも入れるようになったのだという。

八戸市にある「禄文銭」でも、店頭の看板には大きく「せんべい汁」の文字がおどる。同店では、地元でとれる小型魚キンキと塩仕立てのダシを合わせた「せんべい汁 塩味」や、豚肉とみそテイストの「辛みそ せんべい汁」など、さまざまなバリエーションの「せんべい汁」を楽しむことができる。

 ゲストで八戸出身の実業家でタレントの田中義剛さんは「ホントにうめえよ。ちっちゃいころから大ごちそうだった。パリッと食べる南部せんべいとは違った独特のコクと食感がある。パスタと同じで、ちょっと芯が残っているぐらいがいい」とコメントした。

(テレビに出たお店ニュース)記事関連リンク
ニュースのお店を見る:禄文銭 (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:八戸・三沢・十和田のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:居酒屋のお店紹介
ぐるなび検索:八戸・三沢・十和田×居酒屋のお店一覧
天丼が“ライフワーク”の佐野史郎イチオシ 「金子半之助」の極上天丼

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP