ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマートフォンからハイヤーを呼べる配車サービス「Uber」の日本向けサービスが正式開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマートフォンからハイヤーを呼べる「Uber」の日本向けサービスが3月3日に正式に開始されました。Uberはタクシーよりも高級な車両(クラウンGRS200、レクサスLS 600HL、BMW 7-SERIES HYBRIDのいずれか)で送迎を行なうハイヤー配車サービスで、スマートフォンをお持ちの方なら誰でもタクシー感覚で呼べるところがUberの魅力であり特徴でもあります。Uberは米国発のサービスです。日本では2013年11月より都内の六本木エリアで試験提供されていましたが、3月3日より正式に開始されることになったのです。サービスエリア今後、六本木に隣接する場所より順次拡大され、最終的には都内23区のどこでも利用できるようになる見込みです。Uberはスマートフォンに専用アプリをインストールしてユーザー登録とクレジットカード登録を行なうと利用可能になります。アプリでは、地図で配車場所を指定したり、ハイヤーの走行場所を地図で確認したり、事前に料金をシミュレーションすることもできます。Uberの利用料は、乗車時に100円が発生し、その後1分ごとに65円+1kmごと300円が加算されていきます。利用料が800円に満たない場合は最低料金の800円が請求されます。呼び出し後にキャンセルした場合は1,000円のキャンセル料が発生します。支払いはハイヤー降車後に登録したクレジットカードで自動精算されるので、現金で精算することはなく、また、目的地に到着後すぐに降りられます。Source : UberUber Twitterアカウント



(juggly.cn)記事関連リンク
Google、Android向けに解析機能を備えたURL短縮アプリ「Google URL Shortener」をリリース
Google、Android版「Chrome Beta 34」でChromecastへの動画ストリーミング機能を試験的にサポート
Sonyのソーシャルニュースリーダーアプリ「Socialife」スマートフォン版がXperia以外のスマートフォンでも利用可能に

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP