ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

昔ながらの味と値段 昭和レトロな食堂で食べる具だくさん「ちゃんぽん」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


2月27日の「めざましテレビ」(フジテレビ系、毎週月~金曜午前5時25分)の「ココ調」のコーナーで、長年同じ価格を守り続ける店を特集し、昔ながらの味と値段の昭和レトロな食堂「大寅屋食堂」(大分県豊後高田市)が紹介された。

 豊後高田市には町おこしの一環として、昭和30年代の町並みを再現した商店街「昭和の町」があり、その一角に店舗を構えるのが昭和3年創業の「大寅屋食堂」だ。地元の人にインタビューをすると「庶民的な価格と味が楽しめる」「知らない人はいない」「町にあって当たり前の存在」などと評判は上々。同店の値段据え置きメニューは「ちゃんぽん」で、たっぷりの具材が入っているにも関わらず350円という安さだ。

 ちゃんぽんを食べた取材スタッフは「すごく具だくさん。野菜の甘みとあっさりしたスープの味がマッチしていておいしい」とコメント。今後も価格は据え置きにする予定だという。

(テレビに出たお店ニュース)記事関連リンク
ニュースのお店を見る:大寅屋食堂 (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:中津・宇佐・国東のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:中津・宇佐・国東×和食のお店一覧
昔ながらの味と値段 昭和レトロな食堂で食べる具だくさん「ちゃんぽん」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP