ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Negicco、新シングル“トリプル!WONDERLAND”は元Cymbals矢野博康プロデュース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

 

タワーレコードのアイドル専門レーベル〈T-Palette Records〉に所属する3人組ガールズ・ユニットのNegiccoが、ニュー・シングル“トリプル!WONDERLAND”を4月16日にリリースすることが決定しました! 

“ときめきのヘッドライナー”以来5か月ぶりのシングルとなる本作の表題曲は、ドラマー/作編曲家/プロデューサーとして活躍している元Cymbalsの矢野博康がプロデュースを手掛けたナンバー。カップリングには“ライフ・イズ・キャンディ・トラベル”を収録し、こちらはNegiccoのプロデューサーであるconnieが作詞/作曲、奇妙礼太郎トラベルスイング楽団が編曲/演奏を担当した1曲となっています。

パッケージは、DVDが付属する〈初回限定盤A〉と〈初回限定盤B〉、リミックスCDがセットとなる〈初回限定盤C〉、CDのみの通常盤に加え、限定の7インチ・アナログ盤、ライヴ・チケット付きの限定盤(A ver.~D ver.の4種)の計9タイプで登場。9種同時発売は彼女たちにとって初の試みとなります。〈初回盤A〉のDVDは“トリプル!WONDERLAND”のPVおよびメイキング映像、〈初回盤B〉のDVDは〈T-Palette Records感謝祭2013〉でのNegiccoのライヴ映像で構成。〈初回盤C〉のリミックス盤には、オノマトペ大臣とテムズビートによる話題のユニット=PR0P0SEが再構築した“新しい恋のうた”と、Day Tripper Recordsを主宰する大阪のクリエイター、Seihoによる“さよならMusic”のリミックスを収録しています。

また、チケット付き限定盤はそれぞれ別ジャケットの仕様となり、TOWER RECORDS ONLINEのみで販売。付属のチケットは、4月26日(土)の東京・吉祥寺CLUB SEATAでの2回公演、4月27日(日)の新潟LOTSでの2回公演が対象となります。イヴェントや予約方法についての詳細は後日Negiccoのオフィシャルページにてアナウンス予定です。

さらに、T-Palette RecordsのSoundCloud公式ページにて、本日3月3日よりNegiccoのベスト・アルバム『Negicco 2003~2012 -BEST-』に収録されている楽曲を中心に、5曲のフル試聴を開始することも決定。こちらもぜひチェックしてください!

 

 

〈Negicco “トリプル!WONDERLAND”収録内容〉
【初回限定盤A】
〈CD〉
1. トリプル!WONDERLAND
2. ライフ・イズ・キャンディ・トラベル
3. トリプル!WONDERLAND(inst)
4. ライフ・イズ・キャンディ・トラベル(inst)

〈DVD〉
・Music Video“トリプル!WONDERLAND”
・Bonus Video“トリプル!WONDERLAND”MVメイキング映像

【初回限定盤B】
〈CD〉
1. トリプル!WONDERLAND
2. ライフ・イズ・キャンディ・トラベル
3. トリプル!WONDERLAND(inst)
4. ライフ・イズ・キャンディ・トラベル(inst)

〈DVD〉
〈T-Palette Records感謝祭2013〉LIVE映像
1. さよならMusic
2. イミシン☆かもだけど
3. アイドルばかり聴かないで
4. ネガティヴ・ガールズ!
5. 圧倒的なスタイル
6. ときめきのヘッドライナー

【初回限定盤C】
〈CD:Disc-1〉
1. トリプル!WONDERLAND
2. ライフ・イズ・キャンディ・トラベル
3. トリプル!WONDERLAND(inst)
4. ライフ・イズ・キャンディ・トラベル(inst)

〈CD:Disc-2(REMIX CD)〉
1. 新しい恋のうた(PR0P0SE remix)
2. さよならMusic(Seiho remix)

【通常盤】
〈CD〉
1. トリプル!WONDERLAND
2. ライフ・イズ・キャンディ・トラベル
3. トリプル!WONDERLAND(inst)
4. ライフ・イズ・キャンディ・トラベル(inst)

【7インチ・シングルレコード】
1. トリプル!WONDERLAND
2. ライフ・イズ・キャンディ・トラベル

【ライブチケット付限定盤(A ver.~D ver.)】
〈CD〉
1. トリプル!WONDERLAND

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP