ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

可愛いのに泣ける!“チョッパー”の物語「冬島に降る桜」をフィギュアで再現したショートフィルム

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


週刊少年ジャンプで連載中の国民的人気漫画『ワンピース』。主人公ルフィが海賊王を目指すべく旅をするストーリーですが、中でもルフィ率いる海賊団“麦わらの一味”に、個性的な仲間が加わるときの物語は傑作揃い。子どもたちだけでなく、大人も感動できる名シーンが多く出てきます。
その“麦わらの一味”の5人目の仲間、船医「トニートニー・チョッパー」の物語は涙なくして見られない、という人も多いのでは? 「まったく!!!! いい人生だった!!!!」のあの話です。

多くの漫画読者、アニメ視聴者の目頭を熱くさせたチョッパーの物語を、可愛らしいフィギュアで再現した『Cry heart(クライハート)』シリーズをもうご覧になったでしょうか?
“Cry heart”は、バンプレストがアミューズメント専用景品として「ストップモーションアニメーション」の製作を核に、可動と付け替えで様々なシーンのキャラクターを再現することができる新コンセプトのフィギュアブランドシリーズ。第1弾として『ワンピースCry heart~冬島に降る桜~』が登場。

フィギュアはチョッパーにDr.ヒルルク、ドクトリーヌがあり、集めれば付け替えパーツで名シーンを再現することができる、ファンには堪らないシリーズ。そしてチョッパーはずっとそばに置いて眺めていたいほど可愛い~! 商品の登場は今週3月6日からですが、先駆けて商品を使用して作られたショートフィルムが一般公開されています。それがとても素敵なんです!


動きも加わるとさらに可愛さを増すフィギュアのチョッパー。しかし切ないあの物語……。

ボロボロになって“アミウダケ”を持って帰ってくるあのシーンも! ああ、もう辛い……。 

ストップモーションアニメ独特の、ぬくもりある映像がまた良いんですよね。フィギュアで作ったショートフィルムでこんなにもグッとくるなんて、話もやはり素晴らしいし、フィギュアのクオリティもいいな~としみじみ。ファンであれば、観たら胸がいっぱいになること間違いなしのショートフィルム。『Cry heart』シリーズの今後の展開が気になります。



『ワンピースCry heart~冬島に降る桜~』特設サイト
http://www.prizebp.jp/op_ch/

(C)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

nonの記事一覧をみる ▶

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP