ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NikeはNike+ APIをAndroidに対応させることを計画、求人情報より判明

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Nikeが同社のスポーツ・フィットネス向け「Nike+」の製品をAndroid端末に対応させようとしていることが同社の公式サイトに掲載されている求人情報より判明しました。Nikeはこの求人情報の中で同社のNike+ APIチームのAndroidデベロッパーを募集しています。その大きな役割については、任意のAndroidアプリにNike+との連携機能を統合するためのソフトウェア開発キット(SDK)を開発することと記されています。リストバンド型活動量計「FuelBand」といったNike+ブランドのフィットネス製品は、今のところはiOSにしか対応していませんが、Nikeで開発されているらしいAndroid SDKを利用すると、Android向けのフィットネスアプリ等がNike+のデバイスと連動することも可能になると推測されます。Source : Nike



(juggly.cn)記事関連リンク
LG G3の発表時期は2014年6月との噂
Xperia Z2の標準ホームアプリ「Xperiaホーム 6.2.1.A.0.1」が単体でダウンロード可能
Xperia Z Ultra、Xperia Z1 f / Z1 Compact、Xperia C、SmartWatch 2、SBH52が2014年のiFデザインアワードを受賞

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。