ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パンサー、ネプチューン、森三中 トリオ芸人の強みと特徴は

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 パンサー、ジャングルポケット、森三中、ネプチューン…。テレビなどで活躍を続ける彼らの特徴は、トリオであるということ。コンビで活動するお笑い芸人に比べて、数は少ないが、古くから独自のポジションを築いてきたと言っていい。トリオで活動する彼らの強みはどのようなところにあるのだろうか? そして売れるトリオの特徴とは? お笑い評論家のラリー遠田さんに聞いた。

 * * *
 3人でやることで、よりお芝居に近いというか、演劇的なことができるようになる強みがあります。そもそもお笑いは、ボケとツッコミの関係性で成り立っていますよね。全員が変な人だと成り立たないので、1人変な人がいて、それに対する“普通の人”がいる、それがボケとツッコミですが、3人いることで、もうひとつの役割ができるんです。

 例えば、ダチョウ倶楽部ならネタの中で、肥後(克広)さんが司会者の役割をして、寺門(ジモン)さんがお客さんをあおって、上島(竜兵)さんがおでんを食べるみたいなことができるわけです。寺門さんが上島さんの腕を押さえつけて、肥後さんが上島さんの口に無理矢理おでんを入れるみたいなこともできるじゃないですか。ボケとツッコミをはるかに超えて、さまざまな展開が考えられるんです。

 多くのトリオは、結成のきっかけは、最初から3人で活動するというよりも、コンビに1人が加わる、ということが多い。

 たとえば、ネプチューンは元々原田(泰造)さんとホリケン(堀内健)さんがコンビで活動していて、後から名倉(潤)さんが加わった。名倉さんは組んでいた別のコンビが解散したので、2人といっしょにやることになったんです。

 当時原田さんとホリケンさんがやっていたネタは、面白いけれどメリハリがなく伝わりづらいという感じのもの。今のホリケンさんの芸風から想像できると思うんですけど、2人だけの世界観といいますか。そこに関西弁ではっきりツッコミを入れられる名倉さんが加わったことで、ネタにまとまりができたんです。1人プラスされることでコンビの足りないところを補うことができる。トリオとして成功するひとつのパターンです。

 東京03も同じです。もともとは飯塚(悟志)さんと豊本(明長)さんがコンビで、別のコンビが解散した角田(晃広)さんが加わった。飯塚さんがコンビのネタを考えていたのですが、コンビに行き詰まりを感じていたところに角田さんが入ったんです。角田さんもネタを作るタイプだから、ネタを作る人が2人に。つまり、頭脳が2つになった。その結果、今までにない新しいネタができるようになっていったんです。

 3人それぞれまったく別の個性を持っていて、それが組み合わさったトリオもいます。

 今、一番売れている若手トリオはパンサーだと思いますが、彼らは養成所の学年も、年齢も、出身地も違う。キャラクターも違うし、全員バラバラのタイプなんです。それがいい意味で作用しているというか、バラバラだからこそ程よい距離感があります。それが面白さにつながっていて、人気の理由のひとつではないでしょうか。

 それぞれの個性がはっきりしているのは、森三中も同じです。彼女たちは1人でもテレビに出られるし、大島(美幸)&黒沢(かずこ)という組みあわせでも、村上(知子)&大島でもいける。大島さんだったら、2人よりも“汚れた仕事”をいとわないし、黒沢さんはモテないキャラを生かせるし、村上さんは女優もできる。3人ともまったく違った個性があるので、どういう編成でも出られるんです。番組を作る側にすると、使い勝手もいいし、何かやってくれるという安心感もある。3人の個性がそれぞれと違うことで、トリオとしての存在感がグッと増していると言えます。

 一方で、1人の絶対的な輝きで成り立っているトリオもいます。

 ロバートはそうだと思います。秋山(竜次)さんは見た目もキャッチーだし、ネタをやった時の爆発力もあるので、秋山さんでロバートが成り立っているところがある。強烈なキャラの人がいて、そこを中心にまとまるというか。他にこのパターンなのが、ジャングルポケットです。斉藤(慎二)さんは、キャラクターが圧倒的ですよね。彼らのネタを初めて見る人は、まず斉藤さんのキャラに目がいくと思います。ひとりが目立つことで、結果的にトリオにも注目が集まるのです。

 やっぱりお笑いはコンビが基本で、トリオは迷った末にそこに辿りついたパターンが大半なので、そういう意味ではあまり数は多くないわけですが、近年では、キングオブコントで東京03やロバートが優勝するなど、トリオが活躍していますよね。今後は彼らの活躍を見て、トリオでやろうという若い人が増えてくるかもしれないです。



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
あまちゃん小ネタ 『スーパーマリオ』の地下面のBGM登場
コンビニSの梅おにぎりが好きで他のコンビニNGの45才男
結婚式で司会した後ドレスから私服に着替えた佐々木恭子アナ

カテゴリー : エンタメ タグ :
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP