ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Project Araの試作機が米国で行われたイベントで公開、実際にはこんな風にしてモジュールを付け替えたりする(動画あり)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Googleが開発を進めているモジュール型スマートフォン「Project Ara」の試作機(モックアップ)が2月26日にサンフランシスコで行われたLAUNCHフェスティバル2014でGoogleのPaul Eremenko氏より披露されたそうです。Araは主要パーツを自由に組み替えることのできるスマートフォンです。現在は設計・開発の途中で、実際に発売されるのは2015年中と言われています。公開されたLAUNCHイベントの映像ではAraのモジュールを組み替える様子を確認することができます。Araは”grayphone”と呼ばれるベース(フレーム、ディスプレイ、Wi-Fiモジュール)が$50で売り出されると言われていました。ステージで説明を行ったEremenko氏によると、Araの発売時はモジュールを接続するためのフレームがサイズ別に3種類(約4インチ、5インチ未満、ファブレット)用意され、それぞれ$15程度の価格で販売されるとのことです。また、Ara用のモジュールについては、開発者や各メーカーの独自チャンルを通じて販売される一方で、Googleは公式Araストアをオープンさせることも検討しているそうです。Araの試作機には、前面にディスプレイとスピーカーモジュールが搭載されており、背面には8個のモジュール用スロットが搭載されています。モジュールはスライドさせて着脱します。ホットスワップに対応させる予定らしいので、端末を停止することなく即座にモジュールを交換できるようになると思います。モジュールを全て取り外すとフレームだけになります。Source : Twitter(Project Ara)



(juggly.cn)記事関連リンク
Samsung SM-G900Hは8コアのExynosプロセッサを搭載したGalaxy S 5?
動画アプリ「Vine」がXperiaスマートフォン・タブレットの標準カメラアプリから直接起動可能に
Xperia Z2のテーマとタスクキルアプリが個別ダウンロード可能に

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP