ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、Google Play開発者サービスのアップデート版でAndroidのセキュリティ強化を実施予定、「アプリを確認する」機能がバックグラウンドで動作するようになるらしい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

GoogleはAndroidにおける今後のセキュリティ対策として、端末をコンスタントにモニタリングしてインストールされたアプリに不審な動きがないか、マルウェアに感染していないかなどをチェックする機能を提供することを計画しているそうです。Computer WorldがGoogleのAdrian Ludwig氏からの情報として報じました。この新機能はAndroid 4.2に初めて実装され、その後Android 2.3以上の機種に拡大された「アプリを確認する(Verify Apps)」を拡張したもので、数週間中に行われる予定の「Google Play開発者サービス」のアップデートでAndroid 2.3以上を搭載した全端末に提供されるとのことです。「アプリを確認する」機能はサイドローディングアプリのインストール時にGoogle Playストアと同等のマルウェアチェックを行うもので、現在はアプリのインストール時にしかチェック操作を行いません。Computer Worldの報道によると、その機能が今後のアップデートによってバックグラウンドで稼働し、アプリのインストール後もマルウェア感染のチェックを行うようになります。つまり、ウィルス対策アプリなどのリアルタイム監視機能がAndroid標準(GMSサービス対応機種のみ)になるということですね。セキュリティ面を考慮すればこの機能は歓迎すべきものだと思いますが、バックグラウンドで動作するという仕組みから、端末のスローダウンを引き起こしたり、バッテリー消費に影響を与える可能性も心配されます。Source : Computer World



(juggly.cn)記事関連リンク
タウンページとスマートフォンを連動させた新サービス「つながるタウンページ」が3月1日に提供開始
Samsung、Galaxy S 5にフローティング型のアプリランチャー"Toolbox”を実装
HTC、中国向け「Desire 8シリーズ」を発表、3月3日より先行販売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP