ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android版「USTREAM」がv2.6にアップデート、ライブ配信画面がリニューアル、一部の機種はHD画質での配信に対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

動画配信サービス「USTREAM」の公式Androidアプリがv2.6にアップデートされました。今回のアップデートでは、ライブ配信機能のUIがリニューアルされ、一部の機種は720pのHD画質でも動画を配信できるようになりました。また、自身の録画動画を管理することもできるようになりました。新しいライブ配信画面では、カメラの切り替えやフラッシュのON/OFFボタンが上部に移動し、画面下部のテキストエリアで配信開始前に番組タイトルを入力できるようになりました。HD配信に対応したのは現時点では、Galaxy S4、Xperia L、Nexus 4、Nexus 5、HTC One、RAZR M、RAZR HD、Droid DNAです。対象機種には「HD」ボタンが表示されます。また、スライドメニューバーに「自分の番組」メニューが追加され、配信した動画を一覧表示して視聴することのほか、各動画のタイトルや説明を編集したり、公開/非公開を切り替えることもできるようになりました。USTREAM」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
Samsungの5.5インチスマートフォン「SCH-J003」「SGH-N098」、Galaxy S 4 mini(GT-I9197Z)が技適を通過
Clove販売のXperia Z2にはデジタルノイズキャンセリング対応のヘッドセット「MDR-NC31EM」とNFC/Bluetooth対応のワイヤレススピーカー「SRS-BTM8」が付属
Padfone 2/Padfone Infinity/The new Padfone InfinityのAndroid 4.4アップデートは2014年Q2中に実施、ユーザーインタフェースが「ZenUI」に刷新される見込み

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP