ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MWC 2014 : OAXIS、E Inkディスプレイを内蔵したスマートフォンケース「InkCase Lite」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

シンガポール企業のOAXISが、MWC 2014で「OAXIS InkCase Lite」と呼ばれるE Ink電子ペーパーディスプレイを内蔵したスマートフォンケースを発表しました。OAXIS InkCase Liteは、液晶を保護するフタの付いたフリップカバーに、3.5インチ360×600ピクセルの小型E Ink電子ペーパーディスプレイを内蔵したアクセサリーです。E Inkディスプレイのユニット内部にはCPU、バッテリー、通信モジュールが組み込まれており、Bluetoth経由でスマートフォンのアプリUIを表示することができます。読書やニュース・ブログ記事の閲覧などに使えそうですね。E Inkディスプレイはケースから分離するので、フタの表裏のどちらにも取り付けることができます。しかし、アプリ側は同社より提供されるSDKを用いてInkCaseに対応させる必要があります。価格は$99~$139で、iPhone、Galaxy Note 2/3、Galaxy S 4、Nexus 5用がラインアップされています。Source : ARM Devices



(juggly.cn)記事関連リンク
ウィルコム、「AQUOS PHONE ef(WX05SH)」を3月6日に発売、新たな遠隔サポートサービスも提供
Android版「Google+」がv4.3にアップデート、画像編集機能が大幅に強化
Lenovo、日本でMotorolaブランドのWindows Phoneスマートフォンを発売することを検討中

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP