ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KDDI、「AQUOS PHONE SERIE SHL22」と「DIGNO M KYL22」のソフトウェアアップデートを配信開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

KDDIは2月27日、シャープ製Androidスマートフォン「AQUOS PHONE SERIE SHL22」と京セラ製Androidスマートフォン「DIGNO M KYL22」の2機種に対して、機能改善を目的としたソフトウェアアップデートの配信を開始しました。SHL22のアップデートでは、3ラインホームでアプリアイコンの表示位置がずれる事象と、歩数計アプリを使用しているときに再起動が発生する事象が改善されます。アップデート後のビルド番号は「01.00.06」です。KYL22のアップデートでは、省電力ナビアプリが強制終了を繰り返す事象が改善されます。アップデート後のビルド番号は「101.0.2200」です。Source : KDDI(SHL22)(KYL22



(juggly.cn)記事関連リンク
米ボーイング、セキュアなAndroidスマートフォン「Boeing Black」を開発
Qualcomm、2013年の携帯用通信チップ市場でシェア64%を獲得
NTTドコモ、「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」のMicro SDカード通知問題を修正するアップデートを配信開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。