ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

春の訪れを感じる梅花祭

DATE:
  • ガジェット通信を≫

梅の花が咲き始めた京都の北野天満宮では2月25日に「梅花祭(ばいかさい)」が行われた。この祭りは、この地域で約900年の歴史がある伝統行事だという。

【画像や図表を見る】

これは同神社の境内で行われた「野点(のだて)大茶湯」と呼ばれる催しの様子で、豊臣秀吉がこの場所でお茶会をしたという歴史にちなんで毎年開催されている。今年も境内にはたくさんの人が集まり、約1500本の梅の木と舞妓さんが出すお茶で、ちょっぴり早めの花見が行われた。

会場である北野天満宮は、「学問の神」と称えられる菅原道真を祀った神社で、祭りが行われたこの日は、氏の命日である。菅原氏は生前に梅の花を好んだとされており、梅にまつわる和歌も残っているほど。毎年この時期になると、彼の死をしのぶかのようにこの場所は梅の花で彩られるのだという。
(R25編集部)

春の訪れを感じる梅花祭はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
見たままの景色を記録に残す双眼鏡
「新・世界七不思議(自然版)」発表
神事と占いの関係とは
今夏、日本奇祭の旅のススメ
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP