ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

松本零士氏原画『銀河鉄道999』の世界が“宝石画アート”に!

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

1_11

今年、『銀河鉄道999』が映画化30周年を迎えることを記念して、ユナイテッドジェイズは、作者である松本零士氏の原画・監修による“宝石画アート”を独占販売することを発表しました。全世界で“999点”のみの限定発売、先着50名には松本氏の直筆サイン色紙が特典としてプレゼントされます。

2_21

銀河を背景にしたメーテルや鉄郎、そして宇宙空間を走り抜けていく銀河鉄道。『銀河鉄道999』の世界が、50cm×70cmの宝石画アートになりました。3種類の原画は、13種類の砂粒上の宝石を用いて忠実に再現されています。天然石を使っているため、一枚ごとに色合いや形が異なり、オリジナリティの高い仕上がりになっています。

3_31

原材料には、トルコ石、ブルーサファイア、イエローパールなど13種類をの宝石を使用。重厚感あるイタリア製額縁は、ゴールド・シルバー・シルバー2段重ねの3種類で、インテリアに合わせて選ぶことができます。一点ごとに、「2010」の数字をあしらった松本零士氏の特別記念サインとシリアルナンバーを刻印し、付属真ちゅうプレートに固有の保証書番号も発行しています。

松本零士氏は「宝石それぞれが星になり、本物の宇宙になっています。イメージを超えた作品に仕上がっていますね」とコメント。宝石画の価格は、35万4900円(税込み)。うーん、銀河鉄道の『パス』ほどではないかもしれませんが、“本物の宇宙”のお値段はお安くありません。リッチな大人向けのコレクターズアイテムになりそうです。
 
 

■関連記事
マジックだけで何でも描く“阿佐ヶ谷の韮ドン”は“世界の韮沢”
大友克洋氏監修! 劇場版アニメ『AKIRA』に登場する“金田のバイク”1/6スケールモデル
『iPod nano』で水中動画撮影ができる! 完全防水ケースなどをトリニティが発売

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。