ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「アジアのベストレストラン50」にようやく韓国店が選ばれる! 1位タイ・2位は日本

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


昨年、一昨年とガジェット通信でお伝えしてきた「アジアのベストレストラン50」が今年も発表された。シンガポールが健闘し8店、中国が6店となった。気になる日本は10店で次いで香港が9店となっている。

1位はタイ(バンコク)のお店“ナーム”で、2位は日本(東京)の仏料理店“NARISAWA”。3位はタイ(バンコク)の“Gaggan”でありタイもかなり健闘していることがわかる。ちなみに2位の“NARISAWA”は昨年1位だったお店で、1位の“ナーム”は昨年3位だった。

また2012年、2013年とベスト50に選ばれなかった韓国だが、今年は初の韓国(ソウル)の“Jungsik”が新規で選ばれている。昨年、一昨年と選ばれなかった理由として類似店は対象外としており、創作料理というよりも改良された料理が多いことである。昨年、一昨年の発表の際に韓国ネットユーザーはそれを見て「韓国店どころか韓国料理すらない!」と批判の声をあげていた。

台湾(台中市)のフレンチレストラン“楽沐(Le Mout)”も24位に選ばれ、台湾として初のベスト50入りとなる。

<今年の順位>
1位:Nahm(バンコク、タイ)
2位:Narisawa(東京、日本)
3位:Gaggan(バンコク、タイ)
4位:Amber(香港、中国)
5位:Nihonryori Ryugin(東京、日本)

<昨年の順位>
1位:Narisawa(東京、日本)
2位:Nihonryori Ryugin(東京、日本)
3位:Nahm(バンコク、タイ)
4位:Amber(香港、中国)
5位:Restaurant Andre(シンガポール)

アジアのベストレストラン50(2014)

「アジアのベストレストラン50」に韓国料理店が1つも入っていない! 類似店は審査対象外?[リンク]
http://getnews.jp/archives/297160

※画像はアジアのベストレストラン50ウェブサイトより引用。

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP