ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MWC 2014 : AndroidベースのセキュアOS「PrivatOS」を搭載したBlackphoneが正式発表、価格は$629で6月に発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スイスのスマートフォンブランド「Blackphone」がAndroidをよりセキュアなものにした独自プラットフォーム「PrivatOS」とそれを搭載したスマートフォン第1弾モデルをMWC 2014イベントで正式に発表しました。Blackphoneは、暗号化通信を手がけるSilent Circleの社長 Phil Zimmermann氏とスペインの端末メーカー GeeksphoneのCEO Javier Agüera氏によって設立されたスマートフォンブランドです。同社はハードウェアとソフトウェアをセットにして提供します。Blackphoneに搭載される「PrivatOS」は、Androidを独自に改変してスマートフォンの各種機能をよりセキュアに利用できるようにしたもので、特にプライバシー情報の漏えい防止、通信の暗号化、デバイスコントロール機能に特化しています。Blackphone第1弾モデルの販売価格は$629と高めですが、端末にはSilent PhoneやSilent Text、Silent ContactsといったSilent Circleアプリ、Blackphone FirewallやBlackphone Activation Wizard、Blackphone Remote Wipeなどの独自アプリ、Disconnect Secure WirelessやSpiderOak Blackphone Edition、Kismet Smart Wi-Fi Managerなどの通常は有償のアプリを無料で利用することができます。Blackphoneの主要スペックOS:PrivatOSディスプレイ:4.7インチ1,280×720ピクセルのIPS液晶SoC:2GHz駆動のクアッドコアメモリ:2GB RAM、16GB ROM、カメラ:背面に800万画素その他:Wi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.0、HSPA+、LTE、GPSBlackphone第1弾モデルは2014年6月に発売される予定です。現在は同社の公式オンラインショップで予約受付が行われています。Source : Blackphone



(juggly.cn)記事関連リンク
MWC 2014 : LG、普及型LTEスマートフォン‟Fシリーズ”の新モデル「LG F70」と「LG F90」を発表
ドイツでXperia M2の予約受付が開始、価格は€279(約39,200円)
HTC M8のツインセンサー式カメラモジュールがMWC 2014で展示される

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。