体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Qualcomm、最大2.5GHz駆動のSnapdragon 801シリーズを発表

米Qualcommは2月23日、ハイエンドスマートフォン向けのSnapdragon新シリーズ「Snapdragon 801」を発表しました。Snapdragon 801は現行のSnapdragon 800を改良した製品シリーズです。具体的にはXperia Z2に採用されたMSM8974ABやAPQ8074AB、Galaxy S 5に採用されたMSM8974ACなどがSnapdragon 801シリーズの製品になります。CPUは32bitのKrait 400コアを4基内蔵しています。CPUクロック数は最大2.5GHz。GPUはSnapdragon 800と同じくAdreno 330ですが、クロック数が最大578MHzに高められています(ABモデルは550MHz)。その他、メモリインターフェースは32-bitのデュアルチャネルLPDDR3-1866までをサポート。ACモデルはeMMC 5.0規格をサポートしています。通信モデムは第2世代LTEマルチモードモデム「MDM9x25」を採用しています。Snapdragon 801シリーズは2014年Q1中に出荷される予定です。Source : Qualcomm



(juggly.cn)記事関連リンク
MWC 2014 : AndroidベースのセキュアOS「PrivatOS」を搭載したBlackphoneが正式発表、価格は$629で6月に発売
Galaxy S 5の指紋認証機能と心拍数測定機能のデモ映像
MWC 2014 : 2画面スマートフォン「YotaPhone 2」のデモ映像

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。