ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MWC 2014 : Nokia、同社初のAndroidスマートフォン「Nokia X」「Nokia X+」「Nokia XL」を正式発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Nokiaは2月24日、長らく噂となっていた同社初のAndroidスマートフォン「Nokia X」をスペイン・バルセロナで行われたMWC 2014のプレスカンファレンスで正式に発表しました。今回発表されたのは「Nokia X」、「Nokia X+」、「Nokia XL」の3機種です。「Nokia X」はデバイス名に採用されていますが、NokiaはAndroid Open Source Project(AOSP)で公開されたAndroid 4.1のソースコードをベースに独自に構築したプラットフォーム名にもNokia Xを採用しています(「Nokia Xソフトウェアプラットフォーム」とのことです)。NokiaはAmazonのKidnle FireのようにAndroidを使って独自のエコシステムを構築しようとしています。Androidを採用しているのでAndroidアプリはもちろん動作しますが、アプリはNokia Storeという独自のアプリストアを通じて配信されます。Google PlayなどのGoogle Mobile Service(GMS)には対応していません。Nokiaはそれに加えて、同社とMicrosoftのサービスとの統合も図っています。Nokia XとNokia X+は4インチ800×480ピクセル(WVGA)のディスプレイ、Qualcomm 1.2GHzデュアルコアプロセッサを搭載したエントリーレベルのデュアルSIMモデルです。Nokia Xは512MB RAM、Nokia X+は768MB RAMとメモリ容量が異なるだけで他の仕様は基本的に共通しています。ROM容量は4GB、Micro SDカードも利用可能。背面に300万画素カメラを搭載。バッテリー容量は1,500mAh。Nokia XLは5インチモデルです。5インチ800×480ピクセルのディスプレイ、背面に500万画素カメラと前面に200万画素カメラ、768MB RAMを搭載。Nokia Xは本日より販売が行われています。価格は€89と超低価格。発売地域はアジア、インド、欧州、南米、中東、アフリカの新興国。Nokia X+とNokia XLは2014年Q2に発売されます。価格は、Nokia X+が€99、Nokia XLが€109です。Source : Nokia



(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Mobile、Xperia Z2/Xperia Z2 Tablet用充電クレードル「Magnetic Charging Dock DK36/DK39」を発表
Sony Mobile、マグネット充電端子付BluetoothスピーカーやBluetoothリモコン&子機などの新アクセサリーを多数発表
Sony Mobile、ステレオ録音が可能なXperia Z2/Xperia Z2 Tablet用の外付けコンデンサマイク「Stereo Microphone STM10」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP