ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

知っているだけでサマになる! 即効で絵がうまくなる方法

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


 旅先で出会ったすばらしい光景や、何気ない日常の風景を絵で表せたり、短時間でササッと友達の似顔絵が書けたり、絵心がある人って憧れますよね。
 ただ、結論をいうと絵に「絵心」、つまり才能は必要ありません。

 『読むだけで絵がうまくなる本』(山田雅夫/著、自由国民社/刊)を読むと、絵というものは理屈や論理で上達できることがわかります。
 はじめに用意する道具は、著者いわくスケッチ用紙とインクペン一本だけでOK。遠近法の作図のために定規があるとベターです。
 では、さっそくはがきサイズのスケッチを15分で描くことから始めましょう。レッツトライ!

■描く対象を絞る
 絵を描く際、一番はじめにすることは「対象を絞る」こと。
 初心者は見たままを描こうとしてしまいがちですが、人間の視野は広いので、見たままを描こうとすると、対象が多くなりすぎてしまいます。
 対象を絞るためにも、中心になるものを見つけ、それを中心に構図を決めましょう。描くものを一つに絞るだけで、絵はぐっと描きやすくなりますよ。

■黄金比率で構図をきめる
 描く対象を絞ったら、次は「構図」です。用紙のどの位置に対象を置くかを決めましょう。
 構図を決める際に重要なのが立つ位置。1メートル違うだけで絵の出来栄えはまったく違ったものになります。
 オススメなのが、黄金比率を使う方法(黄金比率の2乗、3乗もあわせて活用します)。

 黄金比率    = 1:1.6
 黄金比率の2乗 = 1:2.6
 黄金比率の3乗 = 1:4.2

 これらの構図を使うことで絵がダイナミックに見えるのです。

■あらゆるものは○△□で描ける
 著者の山田さんは、あらゆるものは○、△、□の3つの形で描くことができるといいます。
 建物や橋などの人工物は○、△、□の3つの組み合わせで描けますし、樹木や岩や山など、人工物でないものは○の変化版(だ円や曲線の組み合わせ)で描くことができるのです。
 ポイントは、○、△、□の合わせ技を使うこと。例えば、5角形のものを描く際に、「△と□の組み合わせ」と捉えることが出来れば、絵はずっと描きやすくなります。

 いかがでしたか?
 一見難しそうに思える絵も、ちょっとしたコツを押さえるだけでサマになって見えるもの。本書『読むだけで絵がうまくなる本』では、上記以外にも、絵がうまくなる方法を多数紹介していますので、憧れの「絵心のある人」になるために活用してみてください。
(新刊JP編集部)



(新刊JP)記事関連リンク
日本で初めての“野外音楽フェスティバル”
音痴でも大丈夫 カラオケで高得点出すためのボイトレ法
タイプ別“声の悩み”その特徴と改善法

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP