体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

MWC 2014 : MediaTek、64bit対応のスマートフォン向け新プロセッサ「MT6732」を正式発表

台湾の半導体メーカー MediaTekが同社初となる64bitに対応したスマートフォン向けプロセッサ「MT6732」をMWC 2014イベントで発表しました。MT6732は、アプリケーション・プロセッサと通信用モデムを1チップに統合した中~高価格帯のスマートフォン向けのSoCです、CPUにはARMv8ベースのARM Cortex-A53を4基採用。CPUクロック数は最大1.5GHzです。GPUにはARMの現行最上位モデルとなるARM Mali-T760を採用しており、Open GL ES 3.0やOpen CL 1.2などのグラフィックスAPIをサポートしています。MT6732では、H.265とH.264フォーマットの1080p@30fps動画の低電力再生やH.264フォーマットの1080p@30fps動画の撮影に対応。メインカメラは1,300万画素までに対応しており、ピクチャーインピクチャー機能やビデオインビデオ機能、動画における美顔モード、フレームレートを動的に変更して動画再生を滑らかに保つ「ClearMotion」機能、画質補正機能「MiraVision」にも対応しています。通信関連はIEEE802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth v4.0、Miracast、GPS/GLOASS、FMチューナーをサポートしたコンボチップと、GSM/WCDMA/DC-HSPA+/TD-SCDMA/TD-LTE/FDD-LTEをサポートしたマルチモードモデムを搭載。LTEはCategory 4(下り最大150Mbps/上り最大50Mbps)に対応しています。MediaTekは新プロセッサに加えて、同社製プロセッサを搭載した端末の充電時間を電圧を動的に変化させることで最大半分に短縮する急速充電機能「Pump Express」も発表しました。MT6732は2014年Q3中に出荷開始となる予定で、2014年末にこれを搭載した製品が市場に出回る見込みです。Source : MediaTek



(juggly.cn)記事関連リンク
MWC 2014 : Nokia、同社初のAndroidスマートフォン「Nokia X」「Nokia X+」「Nokia XL」を正式発表
MWC 2014 : Sony Mobile、Xperia Tablet Zの後継「Xperia Z2 Tablet」を正式発表
MWC 2014 : Sony Mobile、4.8インチディスプレイを搭載したミッドレンジスマートフォン「Xperia M2」「Xperia M2 dual」を正式発表

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。