ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MWC 2014 : Samsung、Tizenベースとなったスマートウォッチ新モデル『Gear 2』と『Gear 2 Neo』を正式発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Samsungは2月23日、スマートフォンやタブレットとBluetoothで連動するスマートウォッチの新モデル『Gear 2』と『Gear 2 Neo』を正式に発表しました。どちらも昨年秋に発売された『Galaxy Gear』の後継製品なのですが、新モデルはAndroidベースではなく、SamsungとIntelが主導で開発を進めているLinuxベースのオープンソースOS“Tizen”に変更されました。そのため、製品ブランドから「Galaxy」の文字が省力されています。

『Gear 2』は純粋に『Galaxy Gear』の後継となる機種で、『Gear 2 Neo』は『Gear 2』の基本的な機能を備えた下位モデルになります。どちらもグローバル市場で2014年4月より販売が開始されます。

Gear 2

Gear 2 Neo

『Galaxy Gear』からの変更点
筐体がスリムで軽量になった
家電(テレビやエアコンなど)をリモコン操作できる赤外線センサー(WatchOnリモコン)が追加
心拍センサーが追加、よりフィットネス用途に活用できる
Bluetoothヘッドホンに対応し、スタンドアロンの音楽プレーヤーとして利用可能
IP6Xの防塵に対応(Gear 2のみ)
カメラがリストバンドから本体に移動、画素数が200万画素にアップ

カラバリは、『Gear 2』がチャコールブラック、ゴールドブラウン、ワイルドオレンジの3色で、『Gear 2 Neo』がチャコールブラック、モカグレー、ワイルドオレンジの3色。対応機種については「数多くのGalaxyデバイス」となっています。

筐体サイズ(Gear 2):36.9 x 58.4x 10.0mm、質量68g
筐体サイズ(Gear 2 Neo): 37.9 x 58.8 x 10.0mm、質量55g
ディスプレー:1.63インチ320 x 320ピクセル、Super AMOLED
プロセッサ:1GHzデュアルコア
メモリ:512MB RAM、4GB ROM
カメラ: 200万画素(AF対応、Sound & Shot、ジオタグ、署名、1920×1080、1080×1080、1280×960)、Gear 2 Neoは非搭載
センサー:加速度、心拍、ジャイロ
バッテリー:300mAh、駆動時間は2~3日
ワイヤレス通信機能:Bluetooth v4.0、IrLED(WatchOnリモコン用)
その他:IP67の防水・防塵対応
Source : Samsung



(juggly.cn)記事関連リンク
Garmin、Xperia・SmartWatch 2専用のナビアプリ「Garmin Xperia Edition」を発表
MWC 2014 : Huawei、ヘッドセットにもなるスマートウォッチ「TalkBand B1」を発表、日本でも発売予定
MWC 2014 : Huawei、厚さ7.55mmの薄型スマートフォン「Ascend G6」を発表

juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP