ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

一手間で部屋が見違える「布テク」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

見慣れた自室のインテリアに飽きてしまい、ふと「模様替えしたい」という思いに駆られることはないだろうか。しかしソファやテーブルといった大物家具の買い換えにはお金も手間も掛かるもの。

【画像や図表を見る】

「そこで注目すべきは『色』です。ポイントは主にファブリック。リネンやラグなどは広い面積の色みを一気に変えられるから、アレンジしやすいんです」

そう教えてくれたのは、インテリアスタイリストの窪川勝哉さん。家具に比べて替えの利く布製品だけに、失敗したときに取り替えられるのも大きなメリットだという。

「落ち着きたいならグリーンなど、部屋の目的にあわせて色を選ぶと、印象も大きく変わります。2色以上取り入れる場合は、明るさを揃えると、より失敗しにくいんです」

さらに慣れてきたなら、“+α”を取り入れることで、よりいっそう部屋を印象的に仕上げられるのだとか。

「ベッドカバーやソファはほとんどのものが単色なので、ボケた印象になりがちです。そこで、ベッドの下半分にカバーをかけたり、クッションをプラスしたり、色や柄を重ねてみましょう。単調だった部屋に変化が生まれ、おしゃれ度が格段にアップしますよ」

ベッドカバーやソファカバーといった既製品のみならず、手芸店で生地を手に入れて一手間加えたりと、布を取り入れるテクは様々。驚くほど安上がりに仕上げられるだけに、“見慣れた光景”に食傷気味な人はぜひお試しあれ。
(R25編集部)

一手間で部屋が見違える「布テク」はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
オンオフを区切る「布と照明」活用術
オシャレ部屋に必須の観葉植物テク
進化系照明でお部屋をモテ仕様に!
ワンルームを広く使う逆転発想!
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。