ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、モバイルデバイスが空間と動きを人間並みに認識できるようにすることを目指した新プロジェクト「Project Tango」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Googleが「Project Tango」と呼ばれるモバイルデバイスにリアルな3D体験を提供するための新プロジェクトを開始したことを発表しました。Project Tangoは、モバイルデバイスが空間と動きを人間並みに認識できるようにすることを目指したプロジェクトのことで、現在は3Dマッピング機能を持ったモバイルデバイス(Androidスマートフォン)、新たなアルゴリズムやAPIの開発が進められています。Googleはこのプロジェクトの中で作成された高度なモーションセンサーと空間追跡センサーなどを内蔵した独自仕様のAndroidスマートフォンを用いることで、スマートフォンの動きを3Dで完全に追跡して、それと同時にスマートフォンで撮影した風景をリアルタイムに3Dモデル化することが可能。例えば、室内マップやナビゲーション、シングル・マルチプレイヤーゲームをリアルな空間と同じようにプレイすることができるとされています。GoogleはGoogle Glass Explorer EditionのようにProject Tangoで作成された試作機を一部の開発者向けに提供することも明らかにしています。Source : Project Tango



(juggly.cn)記事関連リンク
PushbulletのWindows PC用ソフト(ベータ版)が公開、右クリックメニューからファイルの転送が可能
Samsung、リストバンド型活動量計「Galaxy Gear Fit」をMWC 2014で発表か?
Jolla、Sailfish OSの商用展開を発表、販売国も拡大へ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP