ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SoftBankスマートフォンが2014年6月より韓国の電子マネー「cashbee」に対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソフトバンクは2月20日、SoftBankスマートフォンで韓国の電子マネー「cashbee」を利用できるサービスを2014年6月より開始すると発表しました。今回の発表は、eB Cardが韓国で提供している電子マネーサービス「cashbee」にSoftBankスマートフォンが2014年6月より対応するというものです。既にauやドコモの一部機種は対応しており、遅れながらもソフトバンク端末も対応することになりました。「cashbee」はプリペイド型の電子マネーサービスで、Google Playストアから専用アプリ「モバイルcashbee」をインストールして利用手続きを済ませると、韓国のスーパーやコンビニなど加盟店でおサイフケータイと同じように非接触の決済を行うことが可能になります。「cashbee」が利用できる店舗は、韓国のロッテマートやロッテデパートなどのロッテグループ店舗、韓国のセブンイレブンやミニストップなどのコンビニ、韓国のロッテリアやクリスピークリームドーナツなどの飲食店、公共交通機関(タクシー、バス、地下鉄)などです。Source : ソフトバンク



(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia Z1にて鉛筆やボールペンなど先の細いペンで手書きできるようにする方法
Google、モバイルデバイスが空間と動きを人間並みに認識できるようにすることを目指した新プロジェクト「Project Tango」を発表
Samsung、Galaxy S 4(GT-I9500)にAndroid 4.4.2へのアップデートの配信を開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。