ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HTC、MWC 2014でQualcomm Toqベースのスマートウォッチを披露、Google Nowと連動した腕時計型デバイスも開発中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

HTCが来週スペイン・バルセロナで行われるMWC 2014イベントの中で、現在開発が進めている3種類のウェアラブルデバイスの1つとなるスマートウォッチを披露するとBloombergがHTCの計画を知る人物からの情報として報じました。Bloombergの報道によると、HTCがデモを予定しているのはキャリア関係者に対してで、一般参加者には公開されないそうです。そのスマートウォッチというのはQualcomm Toqをベースにしたものと説明されています。注目なのは、HTCはToqベースのスマートウォッチだけでなく、Google Nowと連動した腕時計型デバイスも開発しているらしいということです。これはMWC 2014で公開されないそうなのですが、Google Nowと連動したスマートウォッチの開発が伝えられるのは今回が初めてになります。噂のNexusスマートウォッチというのは、HTCが開発を進めているものなのかもしれませんね。HTCの会長を務めるCher Wang氏は先日のインタビューの中で、HTCのスマートウォッチは2014年のホリデーシーズンに発売される見込みと述べていました。なので、HTC製スマートウォッチがMWC 2014で公開されるとしても実際に発売されるのはまだ先になると思います。Source : Bloomberg



(juggly.cn)記事関連リンク
GoogleがChromecastのプロダクトサポートフォーラムをオープン
Xperia Z SO-02E用の最新ファームウェア「10.3.1.B.0.256」のFTFファイル
アトムシステム、スマートフォンを防犯ブザーに変える防犯対策アプリ「SP365」をリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP