ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Canonical、Ubuntuスマートフォンの開発でMeizu、bqと提携、2014年に発売へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

英CanonicalよりLinuxディストリ「Ubuntu」のスマートフォン版を最初に発売する端末メーカー2社が発表されました。Canonicalは2月19日、スペインのデザインメーカー bqと中国のスマートフォンメーカー Meizuとの間でUbuntuスマートフォンの発売に関するパートナーシップを締結したと発表しました。Canonicalは発表の中で2014年中にこの2社から初のUbuntuスマートフォンが発売されるとしています。CanonicalはVodafoneやEE、T-Mobile USA、Three Group、Deutsche Telekom、Verizon、Telstra、Portugal Telecomといった欧米とオーストラリアの携帯事業者らとUbuntuスマートフォンの投入に関するパートナーシップを締結しており、各社にUbuntuスマートフォンが投入されることが予想されます。CanonicalとUbuntuのファウンダーであるMark Shuttleworth氏は発表の中で、今回の詳細はスペイン・バルセロナで来週開催されるMWC 2014で発表されることを明らかにしました。Source : BusinessWire



(juggly.cn)記事関連リンク
Samsung、Androidデジカメ第2弾「Galaxy Camera 2」を韓国で発売開始
HTC、MWC 2014でQualcomm Toqベースのスマートウォッチを披露、Google Nowと連動した腕時計型デバイスも開発中
KDDI、「AQUOS PHONE SERIE mini SHL24」を2月22日に、「AQUOS PAD SHT22」を2月26日に発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP